スポンサーリンク

ディズニーに水筒は持参できる?丸1日楽しむ為の飲み物事情を解説!

本ページはプロモーションが含まれています。

ディズニーの飲み物のタイトル 旅行

ディズニーへ行く際に気になるうちの1つが、飲み物の持ち込み制限ではないでしょうか?

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーへ水筒は持参できます。

せっかく持参した飲み物を入り口の荷物検査で止められてしまって、がっかりするのは避けたいですよね。

特に飲み物はパークで1日過ごすために絶対に必要な物なので、ディズニーに行く前に必ずチェックしておきたいところです。

この記事を読めばわかること
  • ディズニーの水筒の持参について
  • ランドとシーにある水飲み場の場所
  • 水筒以外の飲食物は持参できるのか
  • パーク内で水筒のお土産を買えるショップ

パーク内は普段から混雑していて並ぶことが多いです。

この記事を読んで水筒の必要性と飲食のルールを事前に調べて準備しておくと、心置きなく楽しめますよ♪

長時間出かける時は、水分補給に持ち歩きの便利な水筒を持っていきましょう。

サーモスの水筒は片手でフタを開けられるので、ぬいぐるみやフードを持ちながらでも水分補給できますよ。

スポンサーリンク

ディズニーに水筒は持参できる!飲み物代は節約が吉!

シンデレラ城と庭園

ディズニーランドのパーク内に水筒は持参できます。

ペットボトルも同様に持ち込みが許可されていて、パーク内にペットボトル飲料の販売もあるので足りなければ買い足すこともできます。

ただ、パーク内で販売されている飲み物は一律で1本200円なので結構割高ですよね。

家族で行ったとして、パーク内でかかる飲み物代を少しでも減らしたくありませんか?

当然、家族の人数が増えたり夏場になると飲む本数も増えたりするので、節約したい場合は持参していくのがおすすめですよ。

どうやって持参すればいいのか知りたい。

パーク内に水筒を持参するとして、どういう持ち込みの方法があるでしょう。

天候によって持参方法に注意が必要なので、細かく説明しますね。

飲み物を持ち込みできる種類とおすすめの量は?

パーク内で持参できる飲み物の種類や量に規定はありません。

東京ディズニーリゾート公式サイトで確認しました。

パークにどれくらい持っていくのが適正なのか気になる。

足りなかったり多すぎて荷物になったりするのは嫌ですよね。

ここでは持ち込みできる飲み物の種類と量について解説していきます。

持ち込める飲み物とNGドリンク

水筒以外の飲み物でペットボトルは持ち込みできますが、カン・ビン・酒類の持ち込みは禁止されています。

OK NG
水筒
ペットボトル


酒類

ディズニーでは安全を考慮して、パーク内でもカンやビンに入った飲食物は販売されていません。

お酒をペットボトルに移し替えることもできないので注意しましょう。

水筒やペットボトルの中身はお酒以外なら何でもOKですよ。

飲み物の持ち込みは何本まで良いの?

ディズニーでは持参できる飲み物に関して、「何本まで」という具体的な制限は公式サイトにも設けられていませんが、1人1~2本が妥当でしょう。

重要なのは、持ち込みの量が個人の消費を目的とした物であるということです。

大量に持ち込むことで他のゲストの迷惑にならないように、またパーク内での移動に困らないようにバランスを考えて持ち込みましょう。

実際は、家族やグループで訪れる際には各自が1本ずつ水筒や飲料を持ち込むことが一般的ですよね。

水筒は何リットルまで良いの?おすすめの大きさは?

飲み物の内容量も特定の制限はありませんので、500ml程度の物がおすすめです。

個人の必要量に応じて、持ち運びやすさと実用的な量を考えて持参しましょう。

一般的には500ml程度の水筒やペットボトルは、便利で持ち運びやすく十分な水分補給ができるサイズと言われています。

大容量の水筒やペットボトルを持ち込むことはルール上問題ありませんが、パーク内での持ち運びが不便になりそうですね。

また、大きな容器はパーク内のロッカーに収納する際にもスペースを取ってしまうので、他の荷物の収納が難しくなるということもあります。

パーク内でも安全を最優先に考えて適切な量の飲み物を持ち込むことが大切ですよ。

ペットボトルは持ち歩きに便利

飲み物を持参したいけど、家族分を水筒で持ち込むとなると準備に時間がかかり、重くてちょっと大変そうなイメージですよね

ペットボトルならそれぞれの持ち運びが楽にできるのでおすすめです!

水筒でも各自持てますが、ペットボトルの方が水筒に比べてかさばらない事と重さが多少は軽いので、より持ち運びやすいです。

また、ペットボトルは飲みかけでもしっかりキャップを閉めて中身を残せておけるので中身が溢れる心配もありません。

夏場や冬場以外はペットボトルでも十分かもしれない…。

ベットボトルだと飲み終えたらゴミ箱にそのまま捨てられるので、お手軽です。

そこでさらに、ペットボトルを持参するのに役立つアイテムとしてボトルホルダーを使うと良いでしょう。

ボトルホルダーを使うことで各自が自分の飲み物を持ち歩けて、お父さんやお母さんが子供の分を持つ負担が少なくなりますよ。

ボトルホルダーはディズニーのパーク内にも販売していますが少しお高めです。

ドリンクボトルを手で持つのが面倒だと感じるなら、ショルダー付きのドリンクカバーに入れれば、手で持つ必要がなくパーク内でも動きやすいですよ。

給水機の活用もおすすめ!場所はどこ?

ディズニーでは、実はいたる所に給水機や水飲み場が設置されています

ディズニーには、心配しなくてもいたるところに水飲み場が設置されています。

ランドとシーにある一部の給水所をご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ディズニーランドにある水飲み場
  • スターツアーズの前
  • ワンマンズドリームの前
  • グランドサーキットの前
  • トゥーンタウン真ん中あたり
  • ガジェットコースターの前
  • プーさんの前付近
  • シンデレラ城の裏
  • スプラッシュマウンテンの出口付近
ディズニーシーにある水飲み場
  • タワーオブテラーの近くのトイレの近く
  • メディテリアンハーバーの右奥の山のふもと
  • ミステリアスアイランドの餃子ドック売り場の近く
  • ゴンドラの乗り場の近く
  • アラビアンコーストの入口付近

給水所では持ち込んだ水筒やペットボトルに補充できるので便利ですよね。

レストラン内にも給水機があり、一部のアトラクションで待ち列の途中にも水飲み場が設置されています。

キャストさんに水を水筒に入れてもらうということは衛生上行っていないので注意

あくまでも、自己責任で給水所で水筒に水を補充するようにしましょう。

給水機を利用することでパーク内での飲み物の出費を抑えられて、いつでも好きな時に水分補給ができますよ。

そうすることで特に暑い季節や忙しいパークでの1日を快適に過ごせるでしょう。

夏場と冬場の水筒の活用方法

引用:楽天市場

夏場と冬場は特に水筒を持参するのがオススメです。

夏はとにかく暑いので水分補給をこまめに摂る必要がありますよね。

そこで保冷水筒に氷をたくさん入れて飲み物を入れておけば、何時間でも冷たい状態で飲めるので熱中症対策になります。

夏場に時間が経ってぬるくなった飲み物を飲むと、あまり喉の潤いを感じられずむしろ余計暑く感じるのではないでしょうか。

そんな時のために、夏場は保冷水筒の持ち歩きが便利です。

反対に、冬場は温かい飲み物を保温水筒に入れておけば、パレードやアトラクション待ち等の合間に飲んで温まれますよね。

ただ保温水筒を使っていても途中でどうしても冷めてしまうので、その時は追加の温かい飲み物を買って空にした保温水筒に入れば温度をキープできます。

季節によって水筒の持参方法も変わってくるので、当日の天候を調べてから持っていくのがいいですね。

冬場に温かいもの、夏場に冷たさがキープできるものを飲みたい場合は、ステンレスの水筒のほうが便利です。

ステンレスでも軽くて洗いやすい水筒もあるので、ディズニーだけでなく普段使いでも重宝しますよ。

チェック>>軽くて洗いやすいステンレスの水筒を見てみる【楽天】

>>Amazonで見てみる

水筒は持参した方が良い理由

水筒を持参すると荷物にはなりますが、パーク内でも好きな飲み物を持ち運べて買う手間も省けますよ。

パークで1日過ごすなら飲み物は絶対に必要です。

パーク内に水筒を持参するメリットとデメリットを挙げました。

デメリット

・重くてかさばる
・置き忘れの心配がある
・洗うのが面倒

デメリットでは水筒の持ち歩きが確かに面倒に感じるかもしれませんが、飲み物は必要になってくるので始めから持参する方が良いのではないでしょうか。

もちろんパーク内で飲み物を購入できますがパーク内の自販機やドリンクワゴンは限られた設置数しかありません。

見つけたとしても設置場所によっては購入だけで並んで待たされる…なんてことも。

特に夏場だとこの状況は暑くて耐え難いですよね。

続いては水筒を持参するメリットを見てみましょう。

メリット
  • 買う手間が省ける
  • 節約になる
  • 好きな飲み物を持っていける
  • 飲み物の温度を長時間キープできる
  • 子供が自主的に飲める
  • 購入した飲み物を入れ替えられる

水筒を持参することでメリットはたくさんありますね。

混雑したパーク内では飲み物ひとつ買うだけでも手間がかかるので、持参することで節約にもなるなら一石二鳥ですね。

またディズニーは歩いて移動するのがメインになってくるので、喉が渇いたら自分でパッと飲み物を取り出してすぐに飲めるのが理想です。

これだけのメリットがあるので、ディズニーへは水筒を持参する方が何かと便利だと言えるでしょう。

ディズニーで水筒と一緒に食べ物も持参できる?

水筒やペットボトル以外の飲み物や食べ物の持参は基本的にNGとされています。

ディズニーは夢の国ですが、きちんとルールはありますよ。

パーク内への入場時に手荷物検査を受けるので、バレなけれな大丈夫と考えず、決められたルールを守って楽しいお出かけにしましょう。

飲み物や食べ物に関する詳しいルールや例外も一緒に理解しておきましょう。

持ち込みできる食べ物

食べ物は基本的にはパーク内に持ち込めませんが、例外があります。

・小さなお菓子
・小さい子供用のお菓子や離乳食
・アレルギー食

小さなお菓子に関しては、アメやガム、グミなどは大人でも持ち込みができます。

大人用に持ち込む場合はガム・アメ・タブレット、夏場なら熱中症対策用に塩分補給のできるアメやお菓子を用意しておくと良いですね。

離乳食はベビーセンターの電子レンジで温めることもできるので、忘れずに持っていきましょう。

また食物アレルギーがあるなどの理由で、パーク内でレストランが提供しているメニューでの食事が難しい場合にはお弁当やレトルトなどの特別食を持参できます。

ただし、同行者がレストランの提供メニューを注文するというのが条件なので注意しましょう。

ミッキーがグミになった!小腹がすいた時におすすめ♪

ピクニックエリアならお弁当持参もOK

買ったお弁当はパーク内に持ち込みできない代わりに、ピクニックエリアでは自由に食べられます。

公式サイトによると以下のように書いてあります。

・お弁当はパーク内では食べられない
・東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの各パークの外にある「ピクニックエリア」で食べられる

この「ピクニックエリア」という所で買ってきたものを自由に食べられます。

ピクニックエリアは、メインエントランス左側のパーク外にあります。

ディズニーランドは再入場が可能なので、パーク内が混雑している日はあえて外に出てこのピクニックエリアを使うのもおすすめですね。

しかもディズニーランドの入場券(パスポート)を持っていなくても、自由に利用できます。

パーク内から一時的に出てピクニックエリアを利用する場合は、メインエントランスを出てから右方向に行けばすぐ着きますよ。

最寄りのJR舞浜駅側から向かう場合は、ディズニーショップ付近にある橋を渡り終えたあと、左斜め方向に向かえばピクニックエリアです。

ディズニーに行く準備をしていると、持ち物も気分が上がる物で揃えたくなりますよね。

次回の来園がもっと楽しくなるように、水筒をディズニーで購入するのもオススメです。

続いて水筒をゲットする方法について説明していきますね!

ディズニーで水筒をお土産にしたい!ゲットする方法は?

引用:楽天市場

水筒やドリンクボトルはキッチングッズとしてパーク内外で販売されています。

せっかくディズニーに来たからにはパーク内でお土産や記念用に水筒やドリンクボトルを買いたい、と考えてはいませんか。

キッチングッズの中でも、特に「ドリンクボトル(水筒)」は1年中使えるので、自分用のお土産や友達、パートナーへのプレゼントとしても人気です。

販売場所

・ディズニーランドパーク内(3か所)
・ディズニーシーパーク内(2か所)
・ボン・ヴォヤージュ

ここでは主に、数種類のキャラクター水筒が置いてある大きめのショップを紹介します。

ディズニーランド内での水筒の販売場所

ディズニーランド内で水筒が購入できるのは【グランドエンポーリアム】【ホームストア】の2ヶ所です。

どちらもショップ街「ワールドバザール」内にありますよ。

それぞれ詳しく紹介するので、ぜひお店に行ってみてくださいね。

1.グランドエンポーリアム

グランドエンポーリアムは正面エントランスからワールドバザールへ入ってすぐ右側にあります。

グランドエンポーリアムは、パーク内最大のショップでディズニーランドのグッズならほとんど揃っていますよ。

水筒を含めて品揃えがとにかく充実しているので、お土産選びには困りませんね。

グランドエンポーリアムはエントランスに近いショップなので、いつも混雑しています。

特に夕方~閉園の時間帯は混み合って身動きがとれないこともあるので要注意です!

混雑を避けたい場合は、お昼前後はショップが比較的空いているのでゆっくり買い物ができそうです。

水筒以外でも、とりあえずここのショップへ来れば何でも買えるので一度立ち寄ってみてくださいね。

スポンサーリンク

2.ホームストア

ホームストアはワールドバザールの中ではエントランスから遠く、シンデレラ城に向かって左手にあります。

ホームストアはディズニーランドで唯一、キッチン雑貨やインテリアグッズ、日用雑貨を専門に取り扱っているお店です。

店内にはミニチュアのドールハウスがあり、クラシック調の雰囲気が素敵なショップです。

ホームストアでは、ディズニーの人気キャラクターをモチーフにしたキッチン用品や生活雑貨、インテリア雑貨を扱っています。

ディズニーシー内での販売場所

続いて、ディズニーシーで水筒を販売しているメインショップを紹介します。

ディズニーシー内で水筒が購入できるのは【ヴェネツィアン・カーニバル・マーケット】【エンポーリオ】【マウダックス】の3ヶ所です。

3箇所共にメディテレーニアンハーバーエリア付近にありますよ。

こちらも詳しく紹介するので、ぜひお店に行ってみてくださいね。

1.ヴェネツィアン・カーニバル・マーケット

ヴェネツィアン・カーニバル・マーケットは、シーの正面エントランスから直進してメディテレーニアンハーバーのエリアに出たら、左側にあるショップです。

ショップはカーニバルで使われるさまざまなマスクや旗などがディスプレイされて、お祭りのようなにぎやかな雰囲気のショップです。

キッチン・インテリア雑貨を販売していて、水筒以外では子供用のお弁当なども販売されています。

店内には割れやすいガラス食器も多いので、お子様を連れて入る場合は注意しましょう。

2.エンポーリオ

エンポーリオはパークに入場してアクアスフィア(地球儀)の広場のエントランスの屋根をくぐると右側にあります。

パーク内最大級のお店で、店内には生活雑貨やアクセサリー、ぬいぐるみなどパークで人気の様々なグッズが並んでいます。

天井に描かれた夜空もこのお店の特徴なので、ぜひ店内に入ったら見上げてみてくださいね。

エンポーリオは、新グッズの発売日から数日間、入店するのにスタンバイパスが必要な場合があります。

エンポーリオがスタンバイパスの対象期間になるかどうかは、事前にディズニー公式サイトで発表されるのでチェックしておきましょう!

3.【ダッフィー専門店】マウダックス

マクダックス・デパートメントストア」は、メディテレーニアンハーバーとアメリカンウォーターフロントの中間地点に位置します。

ディズニーキャラクターの中でも、愛らしい見た目のダッフィーはとても人気ですよね。

マウダックスはダッフィー&フレンズのみのグッズを取り扱っている大型の専門ショップです。

見た目も豪華なグッズショップで、ダッフィーグッズの品ぞろえもレギュラーグッズから季節限定グッズまで幅広く取り揃っています。

ダッフィー&フレンズの水筒が絶対に欲しいという方は、マクダックス・デパートメントストアに行けば見つかるかもしれませんよ♪

パーク外で買う方法

ボン・ヴォヤージュは、JR舞浜駅からディズニーランドへ向かう、東京ディズニーランド・ゲートウェイ沿いにある国内最大級のディズニーショップです。

こちらではディズニーランドやディズニーシーで販売されているキッチングッズやぬいぐるみ、ステーショナリー、お菓子など約2,500種類の商品が並んでいます。

高い天井とゆったりとした奥行きをもつ店内空間なので、旅の雰囲気を味わいながらショッピングが楽しめますよ。

ただしこちらは混雑解消のため、一時的に来店予約が必要になる場合があります。

対象期間中は、事前に来店予約をした人しか入店できないので注意が必要です。

公式HPで予約が必要な場合は告知してくれるので、ディズニーの行き帰りでボン・ヴォヤージュに立ち寄りたい場合は必ずチェックしておきましょう。

販売期間が過ぎたり売り切れたりしたグッズはショップではもう販売されていないことがほとんどです。

ショップにない場合は、オンラインショップで気に入ったボトルを購入するのもおススメですよ。

オンラインショップの品切れについてはこちらで詳しく説明していますよ♪

レストランでスーベニアボトルが手に入る

スーベニアボトルは期間限定でイベントキャンペーン中にパーク内で販売されています。

パーク内の一部レストランで食事する際に、プラス料金を支払うことで購入できます。

大体+1000~1300円で購入できるようで、スーベニアボトルをゲットするにはルールが3点あります。

  • 対象のメニュー1つにスーベニアドリンクボトルを1つ付けられる。
  • スーベニアドリンクボトルを付けたメニューは1回の会計でひとり3つまでオーダーできる。
  • スーベニアドリンクボトル単品で購入はできない。

スーベニアドリンクボトルはその時によってもらえるボトルが変わるので、気になったら公式HPでどんな商品が出ているのかチェックしてみましょう。

ディズニーに水筒は持参できる?のまとめ

夕方のディズニー
  • ディズニーに水筒やペットボトルは持参できる
  • 持参するなら1人500mlが目安で、夏場や冬場はステンレス水筒がオススメ      
  • ペットボトルはボトルホルダーをつけるとパーク内で持ち歩きやすい
  • 水筒やペットボトルの飲み物は自由だが缶・瓶・酒類は持参できない
  • 食べ物もパーク内では原則禁止だけどアレルギーや小さい子供の分は持ち込める
  • ディズニーのパーク外にピクニックスペースがあり、そこでは持参した飲食物で食事ができる
  • 水筒はディズニーのパーク内外で購入できる
  • ディズニーランドでは【グランドエンポーリアム】【ホームストア】で水筒のお土産が買える
  • シーでは【ヴェネツィアン・カーニバル・マーケット】【エンポーリオ】【マウダックス】で買える
  • ショップによって入場予約が必要な場合がある

ディズニーでは長時間歩いたり待ったりすることになるので、遊びに行くなら飲み物は必須です。

特に暑い日は熱中症で倒れないためにも、持参した水筒でしっかり水分補給してディズニーリゾートを楽しみましょう♪

夏場や冬場でも温度をしっかりキープできる水筒が一本あると便利です。

こちらは保冷保温機能があるのでオールシーズン使えて、持ち運びやすいサイズですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました