スポンサーリンク

エアコンのおやすみモードがおすすめ!節約や快眠のポイントを紹介

本ページはプロモーションが含まれています。

エアコン ライフスタイル

エアコンのおやすみモードは、温度を調節してくれたり、風が上向きになったりするので、快適に眠れておすすめです。

1日の疲れを取るためにも、夜はぐっすり眠りたいですよね。

しかし、おやすみモードの機能を知らないと、暑さや寒さで体調不良を引き起こしたり、電気代が高くなったりすることがあります。

ここでは、エアコンのおやすみモードの機能や電気代について説明していきます。

おやすみモードを使うと、体調不調を引き起こすことなく、安心して眠れるのでおすすめです

また、睡眠の質をよくする方法やパートナーとの体感温度が違うときの対処についても紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

おやすみモードを使う前にエアコンの定期的なクリーニングをおすすめします。

内部にカビやほこりがある状態は、体調不良や電気代がかかってしまう原因になります。

アールクリーニングエアコン内部の汚れやカビをしっかりとってくれるので電気代も下がり体調も崩さなくなりますよ!

\期間限定割引実施中/

スポンサーリンク

エアコンのおやすみモードがおすすめ?夏冬別に紹介

引用:楽天市場

エアコンのおやすみモードってどんな機能なの?

「エアコンのおやすみモードが、どんな機能なのか分からなくて使っていない」ということはありませんか?

おやすみモードは、快適で心地よい睡眠環境を整えるための機能です。

私もよく知らずに使っていませんでしたが、使用してみると寒すぎることなくぐっすり眠れましたよ

これからおやすみモードの機能や夏冬別のメリットを紹介するので、参考にしてみてくださいね。

おやすみモードを使おう!就寝時にピッタリな機能とは?

おやすみモードは、温度を調節し風が上向きになっているので快適に眠れます。

おやすみモードは、快適に眠れる環境を整えるために、大きく分けて2つの機能があります。

おやすみモードの機能
  1. 身体に直接風が当たらないように、上向きに設定されている
  2. 室温を適切にするため、自動的にスリープモードになる

質のいい睡眠を取るためには、室温28度以下がいいとされています。

おやすみモードは、温度を調節してくれるので、寒さや暑さで起きることなく眠れるのでおすすめですよ。

また、エアコンの風が苦手だからといって、夏の暑い時期に付けないと、熱中症や脱水症状を引き起こすことがあるので危険です。

おやすみモードは、風が身体に直接当たらないようになっているので、就寝中の悩みを軽減してくれますよ。

【夏】おやすみモードを冷房に使うメリットとは?

おやすみモードを使うと、暑さや寒さで就寝中に起きることなく快適に眠れます。

おやすみモードは、温度を調節してくれるので、冷やしすぎるのを防いでくれます。

冷房を付けたまま眠ると寒くて起きたり、タイマーにすると途中で切れて暑くなったりして目が覚めますよね。

しかし、おやすみモードは、夜中に寒さや暑さの不快感なく快適に眠れるので、暑い夏におすすめですよ。

夏は、冷房を使って窓を閉め切っているので乾燥しやすくなります。

乾燥すると夏風邪をひく原因になるので加湿器もぜひ一緒に使ってくださいね。

こちらの記事で詳しく説明しています。

>>夏に加湿器は必要か迷うあなたへ!使うべき理由とおすすめ商品を紹介

【冬】おやすみモードを暖房に使うメリットとは?

暖房を使う場合、普段は風を下向きにし、眠るときはおやすみモードで上向きにすると快適に過ごせます。

普段と就寝時で暖房の使い方を変えるといいですよ。

普段の暖房の使い方

  • 暖房で部屋を温めるときは、風を下向きにするといい
  • 温かい空気は上に溜まりやすいので、風を下向きにすると床や足元に温風が届きやすくなる

就寝時の暖房の使い方

  • おやすみモードで風を上向きにして、直接身体に当たらないようにする
  • 徐々に温度を調節してくれるため、急な室温変化がなく身体にも優しい

暖房の使い方を変えるだけで、快適に過ごせるようになります。

おやすみモードは、少しずつ温度を調節し、温め過ぎを防いでくれるのでおすすめですよ。

また、エアコンを使うと「乾燥が気になる!」という声も多いです。

おやすみモードは、直接身体に当たらないようになっているので、肌や喉の乾燥は少し落ち着きます。

それでも、乾燥が気になる場合は加湿器を使ってみてくださいね。

\1年中使える加湿器をチェック!!/

エアコンのおやすみモードの電気代は高い?節約する方法

計算する人

夏や冬になると、エアコンの使用量が多くなって電気代も高くなりますよね。

就寝中におやすみモードを付けたままだと、電気代が高くなりそう!

おやすみモードを利用すると、節約にもなり快適に眠れますよ!

夏に家庭内の電気使用量が1番多いとされている家電は、エアコンです。

エアコンは使用量が多く、電気代の影響が大きくなりますが、工夫次第で節約に繋がりやすいですよ。

しかし、エアコンの適切な使い方を知らないと、節電しているつもりでも電気代が高くなってしまうこともあります。

これからエアコンを使いながら、節約できる方法を説明していくので、無理なく工夫しながら過ごせるようにしていきましょう。

エアコンのおやすみモードは節約になる?

就寝時におやすみモードを使うと温度を調節してくれるため、結果的に節約になりますよ。

エアコンを付けたり消したりすると、電気代が高くなってしまいます。

おやすみモードは温度を調節してくれるので、就寝中にエアコンを付けたり消したりすることなく、電気代を節約できますよ。

機種によっては「おやすみモード」がない場合があります。「快眠モード」でも同じ効果がありますよ。

エアコンの設定温度を高めに設定する

エアコンをつける時は、夏は28度、冬は20度に設定温度を高めに設定しましょう。

エアコンが最も多くの電力を消費するのはいつか知っていますか?

エアコンの電気使用量が最も多くなるのは、運転開始直後の外気温と設定温度の差が1番あるときです。

実は、温度設定がエアコンの電気代を1番大きく左右しますよ。

冷房の設定温度を1℃上げると13%程度、暖房の設定温度を1℃下げると約10%の節電効果があると言われています。

私は26度で快眠モードで寝ていましたが、寒すぎて風邪を引きました。

部屋の広さや風の当て方によって効き具合も変わってくるのでこちらの記事も参考にしてくださいね。

定期的にフィルターを掃除する

定期的にエアコンのフィルターの掃除をすると電気代の節約につながります。

フィルターを掃除するだけで消費電力を5~10%節約できるといわれているんですよ。

フィルターや室外機のファンにほこりやゴミが溜まっている状態だと、温度調節が効きにくくなり、エアコンの性能が落ちてしまいます。

理想としては2週間に1回程度綺麗にしておくといいです。

フィルターのほこりの除去、吹き出し口を雑巾などで拭く程度でも構いませんので、エアコンをきれいに保つことをおすすめします。

どうしても難しい場合は、業者に頼んで楽をして夏を快適に過ごすのもいいですね。

\期間限定クーポンあり!/

こちらから詳細をチェック↓

エアコンのおやすみモードで睡眠の質をよくするには?

「エアコンをつけっぱなしだと体調不良になりそう」「おやすみモードでも暑くなったり、寒くなったりしたらどうするの?」と心配になりますよね。

エアコンはおやすみモードをつけっぱなしにして、アイテムを活用すると睡眠の質をよくできます。

また、パートナーとの体感温度が違うときの対処法も説明しているので、参考に読んでみてくださいね。

エアコンはつけっぱなしでOK!体調不良の原因は?

おやすみモードは温度を調節してくれるので、つけっぱなしでも体調を崩しにくいですよ。

エアコンの風が直接身体に当たったり、設定温度が適切でなかったりすると、体調不良を引き起こすことがあります。

なぜ体調不良になるのか、季節ごとに説明しますね。

夏の場合
  • 喉が痛くなったり、風邪をひいたりすることがあるが、これは身体の冷やし過ぎが主な原因。

おやすみモードを使うと、身体を冷やし過ぎることがないので安心ですよ。

冬の場合
  • 冬は特に乾燥しがちで、喉や肌の負担が大きくなるが、エアコンを使わないと寒さで体調不調を引き起こすことがある。

おやすみモードは、風向き・温度を調節するので、乾燥や体調不調などの悩みを和らげてくれます。

私は乾燥が気になるとき、加湿器や洗濯物を干して湿度を調節していますよ。

夏・冬どちらの場合でも、室内の温度を一定にすると身体の負担が少なくなるので、おやすみモードをつけっぱなしで眠るといいですよ。

寝つきをよくするために事前にしておくことは?

寝つきをよくするには、就寝前に室内の温度を調節しておくことが大切です。

就寝時に暑さや寒さを感じると、なかなか眠れず寝つきが悪くなってしまいます。

また、早く適切な温度にしようとエアコンの設定温度をそのままにしていると、体調不良を引き起こす可能性があります。

そうならないためにも、就寝前は室内の温度を事前に調節しておきましょう。

夏の場合
  • 就寝の1時間前にエアコンを26度以下の低めに設定し、部屋を涼しくしておく
  • 就寝時はおやすみモードにして、快適に眠れるようにする
冬の場合
  • 就寝の1時間前にエアコンを20度前後に設定し、寝具や寝室を温めておく
  • 電気毛布や湯たんぽなどで寝具を温めておくと、入眠がよりスムーズになる
  • 就寝時はおやすみモードにして、快適に眠れるようにする

事前に室内の温度を調節し、そのあとはおやすみモードに任せると、寝つきがよくなり快適に眠れますよ。

エアコン以外で睡眠の質をよくするには?

引用:楽天市場

「エアコンのおやすみモードでも、寒さや暑さを感じたらどうしたらいいの?」と気になりますよね。

そんなときは、あなたの体質に合った寝具やパジャマに変えてみるといいですよ。

あなたの体質に合った寝具やパジャマを使うと、より睡眠の質をよくすることに繋がります。

身体が冷えるのを防ぎたいときは、少し厚めの布団に変えるといいですよ。

また、暑いときは通気性のいい素材のパジャマに変えるとよく眠れるようになります。

寒がり・暑がりなどのあなたの体質に合った環境に変えると、睡眠の質がよくなるので試してみてくださいね。

パートナーとの体感温度が違うときの対処法は?

パートナーとの体感温度が違うときは、お互いが「暑くない」と感じる室温にするといいですよ。

パートナーと体感温度が違うと、寒さや暑さを感じてなかなか寝つけないことがあります。

そんなときは、お互いが「暑くない」と感じる温度に設定しましょう。

「暑くないけど寒い!もっと温度を上げたい!」と思うかもしれませんが、そのときは寝具やパジャマを工夫してみましょう。

寒いときの対処法

  • パジャマを長袖に変えたり、厚めの布団にしたりする
  • 肌着や腹巻などの保湿アイテムを使う

また、「暑くはないけどもう少し涼しくしたい!」と思っている場合も、環境を工夫してみるといいですよ。

涼しくしたいときの対処法

  • 冷感寝具を利用したり、通気性のいいパジャマを着たりする
  • 扇風機を利用する(自分にだけ当たるように場所を工夫する)

お互いが心地よく眠れるように、協力しながら過ごしてみてくださいね。

エアコンのおやすみモードがおすすめ?のまとめ

エアコン
  • エアコンのおやすみモードは、温度調節をしてくれて、身体に直接風が当たらないように上向きになっている
  • 夏や冬でもエアコンのおやすみモードを使うと、就寝中に起きることなく快適に眠れるのでおすすめ
  • 就寝時におやすみモードを使うと、温度を調節してくれるので、結果的に節約になる
  • エアコンのおやすみモードは、身体を冷やしすぎることがないため、つけっぱなしで眠っても体調不良を引き起こしにくい
  • 寝つきをよくするために、就寝前に室内を涼しくしておくといい
  • 睡眠の質を上げるためには、寝具やパジャマなどのアイテムを活用するといい
  • パートナーとの体感温度が違うときは、お互いが暑くないと感じる温度に調節する

エアコンのおやすみモードの機能や電気代について説明してきました。

就寝時はおやすみモードを使うと、快適に眠れて節約にもなるのでおすすめの機能ですよ。

朝までぐっすりと安心して眠れるように、暑い夏や寒い冬はおやすみモードを使ってみてくださいね。

吸収・放出ができる素材を使っているので、夏や冬でも快適な眠りをサポートしてれます。

また、洗濯可能な掛け布団なので、「便利でいい」との口コミも多くおすすめですよ。

季節に合った快適な温度調節をしてくれる掛け布団を使って、睡眠の質を高めていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました