スポンサーリンク

子どもの習い事には歌がおすすめ!歌うことのメリットや費用を紹介

本ページはプロモーションが含まれています。

歌う子ども 子育て

歌が好きな子ども向けの習い事には、様々な種類のものがあり多くのメリットを得られますよ。

歌が好きな子どもの習い事は、ボーカルスクール以外にどんなものがあるんだろう?

習い事の中には、歌だけでなくダンスや演技、楽器を学べるものもあります。

子どもが好きなことや興味があるものを聞いて選ぶといいですよ。

子どもの気持ちを聞きながら習い事を決めないと、楽しくできず心身ともに疲れてしまうこともあります。

ここでは、歌が好きな子ども向けの習い事や、メリットを紹介しています。

習い事の種類や身に付く力が分かるので、子どもに合ったものを選べますよ。

また、費用や選ぶときのポイントも説明しています。

子どもが楽しく成長していく姿を見られるように、習い事を選んでみてくださいね。

家で歌の練習をしたいときは、いつでもできるカラオケマイクがおすすめです。

周囲のノイズを除去して音声を完璧に録音する機能があり、どんな風に聞こえているのかを確認できるので練習にピッタリですよ。

スポンサーリンク

子どもの習い事には歌がおすすめ!6つの教室を紹介

歌う子ども

歌が好きな子ども向けの習い事には、大きく分けて6つあります。

「歌が好きな子どもにはどんな習い事がいいの?」と疑問に思っていませんか?

歌が好きならボーカルスクールと考えがちですが、習い事には様々なものがあります。

  • 合唱団
  • ボーカルスクール
  • ミュージカル
  • 音楽教室
  • リトミック
  • 民謡

これから1つずつ紹介していきます。それぞれ学べることが違うので、子どもの好みや合うものを選んでみてくださいね。

合唱団

合唱団は、歌が好きな子どもにピッタリの習い事で、社会性や思いやりが育ちます。

合唱団は5歳から入れるところが多く、ほとんどの場合地域にありますよ。

探すときは、上限年齢があるところが多いため、長く活動できる合唱団を見つけてみてくださいね。

年齢が異なる子どもと接することができ、社会性や思いやりが育つのでおすすめです。

また、ピアノ伴奏はありますが、基本的に楽器の使用はありません。

そのため、楽譜などの最低限の教材で習えて比較的費用が安くなりますよ。

ボーカルスクール

ボーカルスクールは、声楽の専門家が教えてくれるところが多く、滑舌の改善や美しい話し方が身に付きます。

ボーカルスクールには、「カラオケ上達コース」「プロ養成コース」「声楽コース」「ミュージカルコース」など様々なコースがある場合が多いです。

声楽の専門家が教えているところが多く、呼吸法や音程の取り方など、より高度な内容を教えてくれますよ。

また、滑舌が改善され美しい話し方が身に付くので、3歳頃からレッスンを始めているところもあります。

子どもの歌の好みや習う目的によってコースを選べるので、話し合いながら一緒に決めてみてくださいね。

ミュージカル

ミュージカルは、歌だけでなくダンスや演技などのパフォーマンスも身に付けられますよ。

「アナと雪の女王」「ハイスクールミュージカル」「モアナと伝説の海」などの、ミュージカル映画が好きな子どもにおすすめです。

子役やアイドルなどを目指している子どももいるので、幼児期から受け入れている教室が多くあります。

ミュージカルは、歌だけでなくダンスや演技も学べるので、様々なパフォーマンスを身に付けたいときにピッタリの習い事です。

発表会を通して、人前でも恥ずかしがらずに堂々と振舞えるようになりますよ。

ミュージカルは、歌以外にもパフォーマンスを学べるので、費用が少し高くなる傾向があります。

音楽教室

音楽教室は、楽器の演奏スキルが身に付くだけでなく、発表会を通して自信を付けたりマナーを学んだりできます。

歌だけでなく音楽全般が好きなときは、ピアノ・バイオリン・フルート・ギターなどの楽器を学ぶのもおすすめです。

個人レッスンやグループレッスンなど、教室によって変わってくるので、楽しく続けられるように子どもに合った方法を選んでみてくださいね。

また音楽教室には、多くのところで発表会を行っているので、自信が付いたりマナーを学んだりできますよ。

リトミック

リトミックは、楽しみながら基礎的な身体能力や集中力を向上していけます。

リトミックとは、音楽を用いた教育法のことを言います。

音楽に合わせて身体を動かしたり、歌を歌ったりして楽しく学んでいけますよ。

しかし、リトミックは乳児から幼児を中心にカリキュラムが組まれていて、ほとんどの教室で上限年齢があるので、注意が必要です。

基礎的な身体能力や集中力を向上するメリットがあるので、小学校に入る前の習い事としておすすめですよ。

乳児の場合は、親子で一緒にレッスンを受けられるので安心です。

歌うことはもちろん、身体を使ったリズム遊びは子どもにって音楽の楽しさを実感できる習い事になりますよ。

民謡

民謡は日本の伝統文化を学べて、三味線を弾けるようになることもあります。

民謡は、子どもにはあまり馴染みがないかもしれません。

しかし、夏にする盆踊りの歌や、運動会で行うソーラン節も民謡の一種です。

運動会などで踊って気に入ったときは、民謡を習ってみるのもいいですね。

また、民謡は日本人の心のふるさとと呼ばれている伝統文化です。

地域によって民謡の特徴が異なり、歌い方にも違いがあります。

地元の民謡は、その地域の生活が歌詞などに表現されているので、生まれた育ったところをより好きになるきっかけにもなりますよ。

そして、民謡は歌だけでなく三味線を扱う教室もあるので、弾けるようになりますよ。

子どもが習い事をするメリットとは?歌で身に付く力5選

ピアノと楽譜

子どもが習い事を通して、歌が上達すること以外にもたくさんのメリットがあります。

子どもが楽しく好きなことを学んでいく中で、自然に身に付く力もあると嬉しいですよね。

ここでは、習い事をするメリットとして大きく分けて5つ紹介していきます。

  • 歌が上達する
  • 感受性が豊かになる
  • 音感・リズム感が身に付く
  • 語彙力・読解力が身に付く
  • 表現力が身に付く

習い事を通して、楽しみながら様々な力が身に付くのは魅力的ですよね。

これから1つずつメリットを説明していくので、参考にしてみてください。

歌が上達する

歌が上達すると、学校の成績アップや自己肯定感を高めることに繋がりますよ。

習い事で歌を学ぶと、当然ですがスキルが身に付き上達します。

歌が上達すると、学校の音楽の授業や合唱祭に活かせるので、成績アップを期待できるでしょう。

また、中学生や高校生になると友達同士で、カラオケに行く機会が増えていくこともあります。

そこで歌が上手いと、友達からうらやましがられることもあり、自己肯定感を高められますよ。

感受性が豊かになる

遊びの中に音楽を取り入れたり、感情をのせて歌ったりすることで、感受性が豊かになっていきます。

子どもが身体を使って遊びに夢中になっているときは、五感をフルに使っています。

遊びの中に音楽を取り入れることで、より感受性が豊かになると言われていますよ。

3歳頃の様々な遊びを始める時期に、クラシックなどの心地よい音楽に触れる機会を増やしてみましょう。

また、歌詞の意味を理解し、強弱を付けたり感情を乗せたりして表現すると、感受性が豊かになっていきますよ。

音感・リズム感が身に付く

歌ったり、楽器を演奏したりする中で音感やリズム感を身に付けられるので、音楽やダンスの授業で役立ちますよ。

歌は、メロディーが演奏されないものが多いため、自分で音を探しながら表現していきます。

そのため、自然に音感やリズム感が養われていきますよ。

音感やリズム感が身に付くと、音楽の授業に自信をもって受けられるようになるでしょう。

また、中学校で必修となっているダンスの授業でも役に立つので、音楽だけでなく体育でも活かせるのは、嬉しいですよね。

音感やリズム感は、歌うこと以外にピアノなどの楽器演奏でも同じ効果を期待できますよ。

語彙力・読解力が身に付く

多くの歌詞に触れることは、語彙力や読解力を身に付けられ、コミュニケーション能力を向上させたり、国語の授業に活かしたりできます。

歌詞には独特な表現や伝え方があります。子どもにとって聞き慣れない言葉もあるので、新しく知る言葉もたくさんあるでしょう。

歌詞の意味を調べたり、誰かに聞いて理解したりすることで、たくさんの言葉を覚えられます。

そのため、多くの歌詞に触れると、子どもの語彙力を伸ばすことに繋がっていきますよ。

また「この作者は何を伝えたいのだろう?」と考えることで、読解力を身に付けられます。

語彙力や読解力は、コミュニケーション能力の向上や国語の授業でも役に立つので、楽しみながら身に付けられるのは魅力的ですよね。

表現力が身に付く

上手く歌を届けたいと考えていく中で表現力が身に付き、人前でも恥ずかしがらずに会話できるようになりますよ。

歌に関する習い事には、発表会など人前で歌う機会が多くあります。

その中で上手く歌を届けられるように、歌詞への感情のこめ方や身振り・手振りなどを考えながら歌うようになります。

声だけでなく身体を使った伝え方を考えることで、表現力を自然に身に付けられますよ。

また、子どもの頃から表現力が身に付くと、人前に立っても物怖じせずはきはきと会話ができるようになるでしょう。

子どもの習い事にかかる費用や選ぶ際のポイントを紹介

ピアノ

子どもの習い事を選ぶときは、費用や相性、スケジュールなどの気を付けるポイントがあります。

子どもに習い事をさせたいときは、費用が気になりますよね。

しかし、費用以外にも子どもが楽しく続けられように、気を付けるポイントがあります。

  • 歌に関する習い事にかかる費用
  • 歌に関する習い事を始める年齢
  • 講師との相性チェック
  • 子どものスケジュール調整

子どもは楽しく習い事をするとどんどん力を付けていくので、雰囲気や相性の合う教室選びが大切ですよ。

私は小学生の頃にピアノを習っていましたが、優しい先生で相性が良かったため、楽しく習い事を続けられましたよ。

これから習い事を選ぶときのポイントを紹介していくので、参考にしてみてくださいね。

歌に関する習い事にかかる費用

歌に関する習い事にかかる費用は、教室にもよりますが1ヶ月で約8,000~10,000円が平均です。

費用は、週1回(月4回)で約8,000~10,000円が平均ですが、マンツーマン指導の場合はもう少し高くなる傾向にあります。

グループレッスンの場合は、少し安くなることがあるので、コースが分かれているときは確認してみてくださいね。

また、入会金も約10,000円が平均となっていますが、キャンペーンで無料になっているところが多いですよ。

歌に関する習い事を始める年齢

歌に関する習い事は、種類や教室によっては1歳頃から始められるところがありますよ。

リトミックは、乳児から幼児を対象としている教室がほとんどなので、1歳頃から通えるところが多いです。

また、音楽教室でも1歳頃から通えるコースがあります。

歌うというよりも、まずは聞いてリズムをとることから始まるので、年齢に合ったカリキュラムを受けられます。

子どもが1歳頃は、親子で一緒にレッスンを受けられるので安心ですよ。

本格的な歌を習い事にするボーカルスクールなどは、小学生から受け入れているところがほとんどです。

教室によって、年齢でコースが分かれているところもあるので、確認してみてくださいね。

講師との相性チェック

子どもが楽しく続けられるように、講師との相性をチェックできる体験レッスンに参加するといいですよ。

楽しく習い事を続けていくには、講師との相性が大事になってきます。

教室では、多くのところで体験レッスンをしていますよ。

そこで、講師との相性や教室の雰囲気が子どもに合っているのかを見極められるので、体験レッスンに参加することをおすすめします。

子どものスケジュール調整

子どもが無理なく楽しんで習い事ができるように、スケジュールを調整しましょう。

習い事は一般的に、決まった曜日に30分~1時間程度のレッスンを受けるところが多いです。

歌以外にも習い事がある場合は、子どものスケジュールを調整するよう気を付けてくださいね。

1日に2つの習い事があると、子どもは疲れてしまいます。

特に小学生は学校の宿題もあるので、リラックスできる時間が少なくなってしまいます。

子どもの気持ちを聞いたり、心身の健康を考えたりしながら、スケジュールを決めていくといいですよ。

子どもの習い事には歌がおすすめ!のまとめ

歌う子ども
  • 歌が好きな子ども向けの習い事には、代表的なものとして「合唱団」「ボーカルスクール」「ミュージカル」「音楽教室」「リトミック」「民謡」の6つある
  • 年齢が異なる子どもと交流できる習い事は、社会性や思いやりが育つのでおすすめ
  • 発表会がある習い事は、人前でも恥ずかしがらずに堂々と振舞えるようになる
  • 子どもが習い事をするメリットは、大きく分けて「歌が上達する」「感受性が豊かになる」「音感・リズム感が身に付く」「語彙力・読解力が身に付く」「表現力が身に付く」の5つある
  • 歌に関する習い事をすると、スキルやリズム感が身に付き、学校の授業や合唱祭などの行事で役に立つ
  • 習い事をする中で、子どもが自主的に考えることで感受性や語彙力、表現力が身に付いていく
  • 歌に関する習い事にかかる費用は、約8,000~10,000円が平均
  • 歌に関する習い事は1歳から始められるものもあり、選ぶときは子どもと講師との相性やスケジュールをチェックしておく

歌が好きな子ども向けの習い事について説明してきました。

習い事をすることのメリットや、選ぶときのポイントが分かったと思います。

子どもが楽しく、好きなことを伸ばしていけるような習い事を選んでみてくださいね。

スマホなどで簡単に接続ができ、「カラオケに行った気分になる」との口コミが多く人気があります。

子どもが一人でカラオケに行けないときでも、これがあれば家で歌の練習ができるので、おすすめですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました