スポンサーリンク

ぬいぐるみの洗い方を解説!ダッフィーも自宅でふわふわに洗えます♪

本ページはプロモーションが含まれています。

床に座っている青いリボンをつけたテディベア ライフスタイル

毛がふわふわのぬいぐるみは、手洗いで簡単に汚れも落ちて清潔を保てますよ♪

お部屋に飾っておくだけでなく、みんなの遊び相手となってくれるぬいぐるみ。

特に、ダッフィーなどの毛がふわふわした手触りの良いぬいぐるみは、お出かけの際に一緒に連れ歩くという子どもも多いと思います。

外に出したぬいぐるみを家に持ち帰り、文字通り「かじり付いている」子どもを見たらママは汚れや菌が心配になってしまいますよね。

この記事を読むと、ダッフィーをはじめとしたぬいぐるみのおすすめの洗い方、洗濯機やコインランドリーで選択可能なのかがわかります。

ダッフィーのようなふわふわ毛並みのぬいぐるみでもこの洗い方を知っておくと、何にでも役に立ちますよ♪

ぬいぐるみを洗う際に欠かせないのが、いわゆる「おしゃれ着洗剤」と呼ばれることの多い「中性洗剤」です。

「弱酸性」「弱アルカリ性」の洗剤を使用してしまうと色落ちなどの原因となってしまいます。

こちらの洗剤はぬいぐるみをふわふわに保ってくれるだけではなく香りもいいですよ♪

スポンサーリンク

ぬいぐるみのおすすめの洗い方をダッフィーを例に紹介

ダッフィーのような、毛がふわふわしたぬいぐるみにおすすめの洗い方は、「手洗い」です。

優しい手洗いは、ぬいぐるみの状態を極力劣化させないのに最適な洗い方です。

洗濯機を使わずに手洗いをすることによって、ぬいぐるみの劣化や変形を抑えることができますよ。

優しい手洗いと言われてもよくわからない!

もっと具体的に洗い方を教えて欲しいな。

ぬいぐるみの「手洗い」に必要な道具と、具体的な洗い方と手順をまとめてみました。

ぬいぐるみを手洗いする際に必要な道具

自宅でダッフィーのようなふわふわのぬいぐるみを洗う際に必要な道具はこちらです。

どれも簡単に手に入るものばかりなので、比較的手軽に手洗いの準備が完了しますね。

用意するもの
  • 衣類用ブラシ
  • 中性洗剤
  • 柔軟剤
  • バスタオル(ぬいぐるみが大きい場合は2枚)
  • 洗濯ネット
  • 歯ブラシ(柔らかめ)
  • 洗面器やバケツなど、ぬいぐるみをつけ置きできる容器
  • 洗濯ピンチハンガーもしくは平干し用のネット

ぬいぐるみを手洗いする道具を揃える際に1番気をつけていただきたい点は、必ず「中性洗剤」を用意することです。

中性洗剤を使用せずに、「弱酸性」「弱アルカリ性」などの洗剤を使用してしまうと色落ちなどの原因となってしまいます。

中性洗剤の見分け方

中性洗剤かどうか判断するには、洗剤の裏側の成分表示などがある部分を確認してみましょう。

「液性」の欄に「中性」という記載があれば、中性洗剤です。

また、ぬいぐるみが服を着ていたり飾りがついているタイプのものだった場合、洗う前に必ずそれらを取り外しましょうね。

ぬいぐるみを手洗いする手順

ぬいぐるみを手洗いする手順をまとめました。

これから紹介する方法に従ってぬいぐるみを洗ってあげれば、新品同様とはいかないまでも綺麗に仕上がりますよ。

大切なぬいぐるみのために手順を一緒に確認して行きましょう!

1 ぬいぐるみの毛並みを整える

準備した衣類用ブラシで、毛並みを整えるようにブラッシングをしていきます。

ダッフィーのような毛がふわふわで長めのぬいぐるみは、毛が固まっていることもあります。

もしそういった部分があったら、この段階で優しくほぐしてあげましょう。

また、毛並みを整えるついでに、ぬいぐるみの表面についた埃や汚れを一緒に落としておくのがおすすめです。

2 洗う場所のセッティング

洗う場所は、洗面所やお風呂場など、水が貯められる場所になります。洗いたいぬいぐるみの大きさに合わせて決めます。

例えば、比較的小さめのぬいぐるみであれば洗面所で、特大のぬいぐるみであればお風呂場で洗うといいですよ。

3 洗浄液を作る

用意した洗面器やバケツに、ぬいぐるみが浸るくらいの水またはぬるま湯と中性洗剤を入れてよく混ぜます。

洗面器やバケツがない場合は、洗面所や浴槽に直接水を溜めても洗うことができますよ。

この時、中性洗剤の量はきちんと記載のある分量通りにすることをおすすめします。

洗剤の入れすぎはNG!

洗濯用洗剤は、多めに入れた方が良い訳ではありません。

実は、洗剤を多めに入れることで洗い残しが増えてしまったり、ぬいぐるみの痛みや色落ちの原因になったりとデメリットがいっぱいです。

それぞれの洗剤に記載のある通りの分量で使用するのが1番効果的です。

4 ぬいぐるみを優しく押し洗いする

作った洗浄液にぬいぐるみを浸して、手のひらで上から押して下から持ち上げるという動作を繰り返しましょう。

この洗い方を「押し洗い」と言います。ぬいぐるみの生地同士を擦り合わせるような「揉み洗い」をしないように注意して下さい。

特に汚れがひどい箇所の場合は、柔らかめの歯ブラシで優しく磨くと汚れが落ちやすいですよ。

押し洗いが終わったら、水またはぬるま湯を何度か変え、泡が出なくなるまでしっかりとすすぎます。

5 ぬいぐるみを柔軟剤に浸す

ふわふわ感をなるべく持続させるために使用するのが柔軟剤です。

ダッフィーのようなぬいぐるみの最大の長所はそのふわふわの手触りではないでしょうか。

ぬいぐるみに使用する柔軟剤の種類に指定はありませんので、お気に入りの香りのものを使えば、大好きな匂いのぬいぐるみになりますね♪

泡が出なくなるまでぬいぐるみをすすいだら、水またはぬるま湯に柔軟剤を入れてよく溶かし、そこへぬいぐるみを数分間浸しておきます。

数分経過したら、ぬいぐるみを軽く洗い流して完了です。

6 ぬいぐるみを洗濯機で脱水する

すすぎ終わったら、ぬいぐるみから水が滴り落ちないくらいまで水を切ります。

そして、ぬいぐるみをバスタオルで包み込んで洗濯ネットに入れ、洗濯機で1分前後脱水をします。

手でぎゅっと絞らずに、あくまでもバスタオル・洗濯ネット・洗濯機を使って優しく脱水していくのがポイントです。

また、洗濯機で脱水する時間が長過ぎると、ぬいぐるみの中の綿が偏ってしまう恐れがあります。

大切なぬいぐるみの体型が変わってしまったらとてもショックですよね。誤って長時間脱水してしまわないように気をつけましょう。

7 ぬいぐるみを陰干しする

脱水が終わったら、早速ぬいぐるみを陰干していきましょう。干す際に気をつけたいポイントは以下の3点です。

point
  • ぬいぐるみが日焼けするのを防ぐため、風通しの良い場所で陰干しする
  • ぬいぐるみを直接洗濯バサミで挟まないように、洗濯ネットごと干す
  • 乾くのに時間がかかるため、1~2日は干しておく

ぬいぐるみを直接洗濯バサミで挟んで乾燥させてしまうと、ぬいぐるみに洗濯バサミの跡がくっきりと残ってしまいます。

私は幼い頃、母にお気に入りのぬいぐるみを洗ってもらったことがありましたが、その時は見事に洗濯バサミ跡が残っていました。

とても悲しくてぬいぐるみの洗濯バサミの跡をずっと撫でていた記憶があります。

ポイントで紹介した洗濯ネットごと干す方法の他には、平干し用のネットにぬいぐるみを寝かせて干すというやり方もあります。

この記事を読んでいるあなたはお子さんに悲しい思い出を残さないよう、ぬいぐるみを干す際は一工夫してみて下さいね。

8 再び毛並みを整えて終了

ぬいぐるみがきちんと乾いたら、ブラシを毛並みで整えて、やっとぬいぐるみのお洗濯が完了です!

新品同様!とまではいかなくても、しっかりふわふわのまま綺麗に仕上がっているはずですよ♪

スポンサーリンク

ぬいぐるみに不向きな洗い方は「洗濯機」を使った方法

ダッフィーのように毛がふわふわしたぬいぐるみに向いていない洗い方、それは「洗濯機」を使った方法です。

忙しかったり、めんどくさかったり…。とにかく手洗いを避けたいという気持ちは大変よくわかります。

しかし、「どうしても手洗いができないが、ぬいぐるみを洗濯しなければならない」という時以外は、使用すべきではありません。

ぬいぐるみが傷んでしまうため洗濯機はNG!

ぬいぐるみを洗濯機で洗っていけない理由は、ぬいぐるみが傷んでしまうためです。

中に綿が入っているぬいぐるみの場合、洗濯機で洗うと綿が偏ってしまって顔や体が変形してしまう可能性があるのです!

また、特にダッフィーのようなふわふわの毛並みが特徴のぬいぐるみは、洗う前と後で毛並みの感じが変わってしまう恐れもあるそうです。

ふわふわの毛並みを維持するためにも、ぬいぐるみはなるべく優しく手洗いをしてあげましょうね。

どうしても洗濯機でぬいぐるみを洗濯したい時は?

でもやっぱり、どうしても手洗いが手間に感じるなぁ…。

どうにかして洗濯機で洗う方法は無いの?

そんなあなたのために紹介するのは、ぬいぐるみをバスタオルで包みこんだ上で、洗濯ネットに入れて洗うという方法です。

洗濯機で洗う際も、先ほど紹介した洗い方同様に必ず中性洗剤を使うようにして下さい。

また、洗濯機のコースは「ドライ」に設定することをお忘れなく。

ぬいぐるみの干し方は手洗いの時と同じです。

ぬいぐるみを直接洗濯バサミで挟まないように工夫して1~2日かけて陰干ししましょう。

スポンサーリンク

ぬいぐるみの洗い方としてコインランドリーはNG

コインランドリーでぬいぐるみを洗うこともおすすめできません。

実は、ぬいぐるみの洗濯が可能と銘打っているコンランドリーは多くありません。

自宅以外でぬいぐるみを洗いたい場合は、ぬいぐるみにも対応しているクリーニング店に出すのが良いようです。

ぬいぐるみをコインランドリーで洗うことは不可能!?

「コインランドリーピエロ」によれば、基本的にコインランドリーでぬいぐるみを洗うことはできないとされています。

というのも、コインランドリーの洗濯機では、大切なぬいぐるみが破損してしまう恐れがあるのです。

それだけでなく、破損したぬいぐるみの綿などが洗濯機に詰まってしまう可能性もあり、とても危険なのだそう。

また、ぬいぐるみの洗濯が可能なコインランドリーがあったとしても、ぬいぐるみ自体の洗濯表示は要チェックです。

個人的には大切なぬいぐるみが破損したり変形したりするのを避けたいので、手洗いするか、対応しているクリーニング店を探すのがおすすめです

きらきらWASHなら、掛け布団はもちろん、こたつ布団やぬいぐるみなども洗浄できます。

塩素系またはオーガニックのクリーニング洗剤を選べて、体やぬいぐるみに優しいと好評です。

顧客満足度97%!リピート率70%以上!

ぬいぐるみの洗い方をダッフィーを例に解説したまとめ

  • ダッフィーなどの毛がふわふわしたぬいぐるみの洗い方は「手洗い」がおすすめ
  • ダッフィーなどのぬいぐるみを洗う際は必ず「中性洗剤」を使用する
  • ぬいぐるみを手洗いする際は、ぬいぐるみをブラッシングをしてから洗浄液に浸す
  • 洗浄液に浸したぬいぐるみは「揉み洗い」ではなく、優しく「押し洗い」する
  • ダッフィーのふわふわ感を保つため、柔軟剤に浸すことを忘れないように注意
  • ぬいぐるみを脱水する際は、水を切り、バスタオルで包んだ上で洗濯ネットに入れ、洗濯機で1分程度脱水する
  • ぬいぐるみは直接洗濯バサミで挟んで干さないように、洗濯ネットごと陰干しをする
  • ぬいぐるみの洗い方として洗濯機はおすすめできない
  • ぬいぐるみを洗濯機で洗う場合は、バスタオルで包んで洗濯ネットに入れてドライコースで洗濯すること
  • コインランドリーでぬいぐるみを洗うことは推奨されていない

ぬいぐるみを綺麗に保ちたい気持ちはあるけれど、そういえば洗い方を知らなかった…という人は私だけでなはいはず。

今回の記事が、ご自身や家族の大切な宝物であるぬいぐるみを手洗いしてみるきっかけになったらとても嬉しいです。

また、あくまでも洗濯機を使ったぬいぐるみの洗い方は最終手段であり、形が崩れるなどのリスクがあることを忘れないでくださいね。

手洗いでも洗濯機を使った洗い方でも、ぬいぐるみのお洗濯に欠かせないのが「中性洗剤」でしたね。

中性洗剤と言われるとあまり耳馴染みがないかもしれませんが、いわゆる「おしゃれ着洗い用」と言われている洗剤のことです。

お近くのドラッグストアなどで物色してみるのも楽しいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました