スポンサーリンク

お酢ダイエットの種類を大公開!効果や簡単アレンジレシピも紹介

本ページはプロモーションが含まれています。

体重計 ライフスタイル

お酢ダイエットの種類は大きく分けて4つあり、それぞれ味が違うので自分好みのものを選べますよ。

「お酢ダイエットはどれを飲んだらいいの?」「ダイエット効果はあるの?」と思っていませんか?

お酢にはいろいろな種類があり、どれがダイエット向きなのか分からないですよね。

ダイエットや健康に良いとされているお酢ですが、適切な飲み方をしないと太ってしまったり、体調不良を引き起こしたりする可能性があります。

ここでは、お酢ダイエットの種類ややり方を紹介していきます。

あなたに合ったお酢を見つけられて、楽しくダイエットを続けられますよ。

また、お酢を使ったアレンジレシピも紹介しています。毎日の食事に手軽に取り入れる方法もあるので、参考にしてみてくださいね。

ダイエット効果が高いと言われているロカボマーク付きの調味料で安心して使えます。

野菜や揚げ物、餃子などのいろいろな料理にかけるだけで、簡単にお酢を取り入れられますよ。

これ1つで味が決まるので、美味しくさっぱりとした料理を楽しめます。

スポンサーリンク

お酢ダイエットの種類を紹介!不向きなものもある?

お酢

お酢にはたくさん種類があるよね?

どれがダイエットにいいの?

お酢にはいろいろな種類があり、味も違ってくるのでダイエットにはどれが効果的なのか分からないですよね。

ダイエットに向いているお酢は、大きく分けて「穀物酢」「米酢」「黒酢」「果実酢」の4つあります。

1つずつ味の違いや、身体に出る影響について説明していくので、あなたに合ったお酢を見つけてくださいね。

さっぱりとした「穀物酢」

穀物酢は、お手軽価格で料理に使いやすく、減塩やむくみ予防に役立ちます。

小麦、米、酒粕(さけかす)、とうもろこしなどの穀物を原料とした醸造酢(じょうぞうす)のことを穀物酢と言います。

醸造酢(じょうぞうす)とは?
  • 酢酸菌という微生物の働きを利用して、米・麦・果実などを発酵させて作られるものを言う
  • 穀物酢、米酢、黒酢、果実酢などが分類される

さっぱりとした風味があり、炒め物や煮物など様々な料理に使えますよ。

また癖が少ないので、和洋中の料理に使いやすくおすすめです。

穀物酢は、お手頃な価格で手に入るので使いやすく、多くの家庭で常備されているほど人気があります。

塩分が含まれていないので、減塩やむくみの予防にもなり、ダイエットにはピッタリですよ。

まろやかな甘みの「米酢」

米酢は口当たりがよく、疲労回復の効果が期待されます。

穀物酢の一種で、米のみを原料に醸造して作られ、酸味が比較的まろやかになっています。

米の甘みとコクがあり、お寿司の酢飯など和食との相性がいいと言われていますよ。

お寿司以外には、酢の物、マリネ、ドレッシングなど様々な料理に使うのがおすすめです。

また、クエン酸を多く含んでいるので、糖質や脂質をエネルギーに変えるときに役立ちます。

エネルギーが十分に供給されることで疲れにくくなり、疲労回復の効果が期待されますよ。

芳醇(ほうじゅん)な香りの「黒酢」

黒酢は、芳醇(香り高く味がいい)な香りで、脂肪燃焼を活発にする効果があります。

黒酢は、使用する原料によって「米黒酢」と「大麦黒酢」に分けられます。

「米黒酢」と「大麦黒酢」
  • 米黒酢→米や小麦などから作られている
  • 大麦黒酢→大麦のみから作られている

他のお酢は薄い黄色ですが、黒酢は名前の通り黒っぽい色をしているのが特徴ですよ。

芳醇な香りとまろやかな味わいのある黒酢は、料理やスイーツなどに幅広く使われています。

また、黒酢は必須アミノ酸が豊富に含まれていて、脂肪の燃焼を活発にしてくれます。

必須アミノ酸とは?
  • たんぱく質を構成するアミノ酸のうち、ヒトや動物の体内では作れない
  • 食事からの摂取が必要になるもの

そして、体内の老廃物を排出してくれる働きがあるので、むくみ予防にも繋がりますよ。

爽やかな味わいの「果実酢」

果実酢は、フルーティーな香りでビタミンなどの栄養を一緒に取れます。

醸造酢のうち、果実が一定以上使用されているものが果実酢と言われています。

果実酢には、「リンゴ酢」「ぶどう酢」「みかん酢」など様々な種類がありますよ。

フルーティーな香りと爽やかな味わいがあるので、他のお酢と比べても癖が少ないです。

飲みやすく自分好みの味を選べるので、果実酢はダイエットに人気がありますよ。

ダイエットに不向きなお酢とは?

ダイエットをする際は、「調味酢」と「お酢を使った甘いドリンク」に気を付けて取りましょう。

お酢を毎日取っていても、ダイエット向きではないものだと、逆に太ってしまう可能性もあります。

注意が必要な「調味酢」と「お酢を使った甘いドリンク」についてそれぞれ説明してくので、参考に選んでみてくださいね。

糖質の多い「調味酢」

調味酢は糖質が多く含まれていて、ダイエット向きではないお酢です。

お酢は大きく分けて「醸造酢」と「調味酢」があります。

調味酢は、醸造酢に砂糖や果糖ぶどう糖液糖など様々な調味料、添加物を加えて味付けしたものです。

調味料には糖質を多く含んでいるものがあるため、調味酢はダイエット向きではありません。

購入するときは、製品ラベルの成分表の「糖質」部分を確認してくださいね。

お酢を使った甘いドリンク

お酢を使った甘いドリンクは、血糖値を上昇させる成分が入っているものもあり、注意が必要です。

コンビニやスーパーにある、お酢を使った甘くておいしいドリンクを見たことはありませんか?

ドリンクになっていて簡単に取れるので、とても便利ですよね。

しかし、甘いお酢のドリンクには糖質が多く使われています。

特に果糖ぶどう糖液糖、砂糖、はちみつなどの血糖値を上昇させる糖質が含まれていることが多いです。

お酢の入ったドリンクで手軽に取りたいときは、「糖質オフ」や「ロカボ糖質」などの表示があるものを選びましょう。

ダイエット向きに糖質を控えた商品になっているので、安心して飲めますよ。

お酢ダイエットの効果は?簡単に取れる方法を紹介

ダイエット

「お酢ダイエットにはどんな効果があるの?」「本当にダイエットにいいの?」と思っていませんか?

お酢は身体にいいと聞いたことがあっても、ダイエットとしての効果があるのか気になりますよね。

お酢には、ダイエットに嬉しい効果があります。

これからお酢のダイエット効果や、やり方を説明していくので、参考にしてみてくださいね。

お酢ダイエットの効果とは?

お酢ダイエットの効果は、大きく分けて3つあります。

  • 太りにくい体質になる
  • 便秘解消
  • 血糖値の上昇を防ぐ

ダイエット以外にも、便秘や食後の眠気に悩んでいるあなたにはおすすめですよ。

これから1つずつ効果を説明していくので、読んでみてくださいね。

太りにくい体質になる

お酢を取ると、「コレストロールを抑える」「脂肪を燃焼する」の2つの効果があり、太りにくい体質を作ることに役立ちます。

太りにくい体質はダイエットに嬉しい効果ですよね。

コレストロールを抑える
  • お酢を取ることで、中性脂肪の減少・善玉コレステロールの増加が期待される
  • きのこ、豆類、海藻などに含まれれる食物繊維は、コレステロールを下げる効果があるので、一緒に取るといい
脂肪を燃焼する
  • お酢に多く含まれるアミノ酸は、脂肪燃焼をサポートする働きがある
  • 継続してお酢を取ることで、内臓脂肪の減少を期待できる

運動前にお酢を飲むと脂肪燃焼するので、よりダイエット効果を感じられますよ。

便秘解消

お酢には、便秘解消の効果があり、お腹のハリを軽減できるのでおすすめです。

お酢を取ると、胃酸の分泌を促進されて、胃や腸を刺激します。

腸の蠕動(ぜんどう)運動によって、排便が促進するので便秘を改善したいときにピッタリの調味料ですよ。

また、お酢に含まれる酢酸(さくさん)は、善玉菌のエサとなって腸内環境を整えてくれます。

腸内環境が良くなると、お通じがスムーズになり、お腹のハリが軽減できるでしょう。

血糖値の上昇を防ぐ

お酢は血糖値の上昇を防ぎ、脂肪をため込みにくくする効果があります。

お酢には、食物の胃の滞在時間を長くする働きがあり、腸に流れるのを緩やかにして、血糖値の上昇を抑えられます。

血糖値の急上昇を避けることで、脂肪をため込みにくくする効果を期待できますよ。

血糖値が急上昇すると…

血糖値が急上昇すると、糖をエネルギーに変えるインスリンが大量に分泌されます。

その結果、反動で血糖値が急降下し、低血糖状態になります。

食後に強い眠気、倦怠感、イライラなどを感じやすくなってしまいすよ。

血糖値が上がりやすい炭水化物をたくさん食べたり、食後に眠たくなったりするときは、積極的にお酢を取ってみましょう。

お酢ダイエットのやり方とは?

お酢ダイエットのやり方を紹介してきます。

お酢ダイエットの基本的なやり方は、「飲む量」と「飲むタイミング」の2つに気を付けるだけです。

お酢ダイエットのやり方
  • 飲む量→1日大さじ1杯
  • 飲むタイミング→食事中、食後

食事中に取りたいときは、料理の中にお酢を使ったメニューを入れるいいですよ。

しかし、お酢には食欲増進の作用もあります。

食前や空腹時に取ると、いつもより食べる量が増えてしまうこともあるので注意してくださいね。

また、お酢の飲み方にも注意が必要です。これから説明していくので、身体にいい方法で取るようにしてみてくださいね。

お酢を飲むときの注意点とは?おいしい飲み方を紹介

お酢は薄めて飲んだり料理に入れたりして、取るようにしましょう。

お酢は酸性のため、原液をそのまま飲むと胃や喉を傷めることもあります。

特に空腹時は、胃に負担がかかるので注意しましょう。

お酢を飲むときは、薄めて飲むのがおすすめです。

お酢大さじ1杯に約200mlの水・お湯・炭酸水・牛乳などを入れて飲むと美味しく飲めますよ。

炭酸水は、満腹感を感じやすいので食べ過ぎ防止にも繋がります。

また、酸っぱいのが苦手な場合は、調味料として料理に入れるといいですよ。

料理での加熱時間では、お酢のダイエット効果に変化はないとされているので、安心していれてくださいね。

お酢ダイエットにおすすめのアレンジレシピを紹介

食材

お酢を使った料理にはどんなものを思い浮かべますか?

酢の物は簡単で手軽にお酢を取り入れますが、毎日は食べられないですよね。

これからお酢を使ったおすすめのアレンジレシピを紹介していきます。

お酢を毎日手軽に取れるようになるので、ぜひ参考に作ってみてくださいね。

お酢入りドレッシングにアレンジ!

お酢をドレッシング代わりにすると食べやすくなりますよ。

胡麻ドレッシングや麺つゆにお酢を加えると、いつもとは一味違った美味しさがあるのでおすすめです。

また、炒め物、焼き魚、餃子との相性もいいですよ。

揚げ物にお酢をかけると、脂っこいものでもさっぱりと食べられます。

また、お酢は他のドレッシングやソースと比べるとカロリーが低いので、ダイエットにはピッタリの調味料ですよ。

ドレッシングやソースのカロリー比較(大さじ1杯分)

  • 胡麻ドレッシング 54kcal
  • 和風ドレッシング 30kcal
  • ウスターソース 20kcal
  • お酢 5kcal

食事中にお酢を取ることで、ダイエット効果も高まるので試してみてくださいね。

さっぱりおいしい「豚しゃぶのとろとろオクラだれ」

さっぱりとしたお酢と、とろとろのオクラだれは豚しゃぶとの相性抜群です。

暑い時期にもピッタリなので、参考に作ってみてくださいね。

材料(2人分)
  • 豚ロース薄切り肉(200g)
  • オクラ(5本)
  • みょうが(1本)
  • 酒(大さじ1)
  • 塩(小さじ1)
  • お酢(大さじ4)
  • ごま油(大さじ1)
作り方
  1. オクラ、みょうがを小口切りにする
  2. ボウルにオクラ、お酢、ごま油を入れてたれを作る
  3. 鍋にお湯を沸かし、弱火にしてから酒、塩を加える
  4. 豚肉を3~4枚ずつ入れて、肉の色が変わったらすぐに取り出してザルにあげる
  5. お皿に豚肉を盛り付けてオクラだれをかけ、みょうがを乗せたら完成

豚肉には、糖質の分解を促進させる作用のビタミンB1が多く含まれています。

主食に多く含まれているの糖質を体内でエネルギーに変えてくれるので、ダイエットにおすすめですよ。

お酢ダイエットの種類を紹介!効果やアレンジのまとめ

ダイエット
  • ダイエットに向いているお酢は、大きく分けて「穀物酢」「米酢」「黒酢」「果実酢」の4つある
  • 「調味酢」と「お酢を使った甘いドリンク」は、ダイエットには不向きなので、気を付ける
  • お酢ダイエットの効果は、大きく分けて「太りにくい体質になる」「便秘解消」「血糖値の上昇を防ぐ」の3つある
  • お酢ダイエットのやり方は、1日大さじ1杯を食事中または食後に飲むこと
  • お酢は薄めて飲んだり料理に入れたりして、取るようにする
  • お酢をドレッシング代わりにすると取り入れやすい
  • お酢を使った「豚しゃぶのとろとろオクラだれ」は、ダイエットにおすすめのアレンジレシピ

お酢ダイエットの種類ややり方などを説明してきました。

どんなお酢がダイエットに向いているのか分かったのではないでしょうか?

お酢は苦手な場合でも、飲み物や料理に入れて手軽に取れます。

ダイエットを楽しく続けられるように、あなた好みのお酢やアレンジレシピを見つけてみてくださいね。

ドレッシング代わりにお酢をかけても、1食15mlで約2.4gの糖質量なので、ダイエットにはピッタリです。

「あっさりしていて食べやすい」「まろやかな味で、お酢の酸っぱさが苦手でも食べられる」と評判で

いつもの食事にお酢を加えて、さっぱりとおいしい料理を取り入れながらダイエットしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました