スポンサーリンク

リンツのチョコはどこの国のお菓子?お得に買える店舗教えます!!

本ページはプロモーションが含まれています。

リンドール ライフスタイル

リンツのチョコは結局どこの国のお菓子なんだろう?

リンツのリンドールチョコにはスイス製、イタリア製、アメリカ製があるけど、どこの国なのか気になりますよね。

リンツはスイスの会社ですが、看板商品リンドールは販売店舗やフレーバーによってどこの国か異なります。

リンドールチョコの原産国にはスイス産、イタリア産、アメリカ産がありますよ。

同じミルクリンドールでも、直営店舗のスイス産と他店舗のイタリア産では、値段が異なりますが味やクオリティに違いはほぼないようです。

コストコではたくさんの量を直営店舗の半額くらいの値段で購入できたり、アウトレットでは量り売りで割引が適用されたりとお得に買えますよ♪

定番や季節限定フレーバー、販売店舗も併せて紹介します。

オンラインストア限定のリンドールバレンタインギフトです。

かわいいバック型のパッケージにバレンタイン限定のフレーバーや人気フレーバーが7種入っていますよ。

手持ち付きなので急なバレンタインでも可愛いプレゼントができますね♪

スポンサーリンク

リンツのチョコはどこの国のお菓子?原産国は複数ある!

リンツはスイスの会社ですが、看板商品リンドールにはフレーバーや販売店舗によってスイス産、イタリア産、アメリカ産があります。

『リンドール』とはチョコをチョコでコーティングする2層構造が特徴的なお菓子です。

実際にサイトや店舗へ行って確認できたものについてまとめました。

同じ味のミルクリンドールでも確かに販売店舗によってどこの国かが異なっていました。

【店舗別】ミルクリンドールの原産国
  • リンツ公式オンライン…イタリア産
  • コストコオンライン…イタリア産
  • 成城石井…スイス産
  • ドンキ…スイス産

またリンツ公式オンラインで確認したところ、フレーバーによってもどこの国かが異なっていましたよ。

フレーバーの中にはアメリカ産もある
  • シュガークッキー リンドール…アメリカ産

どこの国かによって何か違いがあるのかな?

次では原産国によって違う点を紹介していきますね♪

原産国の違いによって値段が異なる!

直営店(スイス産)は1個約100円、コストコオンライン(イタリア)では1個約58円です。

直営店・コストコ、どちらで売っているリンドールも同じものですよ。

同じリンドールなのになぜ値段がこんなにも異なるの?

直営店では20種類以上のフレーバーの中から好きな数だけ購入できることに付加価値があります。

直営店舗では、あなたの好きなフレーバーを1個から購入できますよ。

コストコオンラインでは600g(約48個)で1セットになっており、4種類のフレーバーが入っています。

親戚等大勢が集まった時は大容量のコストコ、自分の好きなフレーバーだけを食べたい時は直営店舗と使い分けるのも良いですよ。

原産国が違っても味の違いはほぼない

直営店舗のスイス産と他店舗のイタリア産を比較しても、味やクオリティに違いはほぼないようです。

私も実際に産地違いのミルク味リンドールを食べ比べてみたところ、イタリア産の方が若干甘く感じましたが、どちらも美味しかったです♪

リンツ直営店舗でも原産国がイタリア産の商品も売っていますよ。

包み紙を含め、見た目は全く同じで大きさにも違いはありませんが、原材料には違いがあります。

【直営店舗(スイス産)の原材料】

砂糖、植物油脂、ココアバター、カカオマス、全粉乳、脱脂粉乳、乳糖、バターオイル、麦芽エキス/植物レシチン(大豆由来)、香料

【コストコ等の他店舗(イタリア産)の原材料】

砂糖、植物油脂、ココアバター、カカオマス、全粉乳、乳糖、脱脂粉乳、乳脂肪、ヘーゼルナッツ、大豆麦芽エキス/乳化剤、香料

大きな違いとしては、スイス産はバターオイル、イタリア産は乳脂肪が含まれている点です。

リンツのチョコといえばとろけるような食感が特徴的ですが、これに関してはどちらの産地も変わりありません。

しかし甘さでは、リンツ直営店舗がチョコの濃厚な味なのに比べて、コストコ等の他店舗では砂糖の甘味が強く感じられるという意見もありました。

味覚には個人差があるので、スイス産とイタリア産を食べ比べしてみるのも面白いですね。

リンツチョコのフレーバーは?定番と季節限定味を紹介!

チョコ

リンツのリンドールは定番のフレーバー19種類に加え、季節ごとに限定の味が登場します。

季節限定の味が2~3種類販売されますよ。2024年1月時点では、バレンタインデー限定リンドールの販売開始が決まっています。

色とりどりの包み紙が華やかなので、職場の人へのお礼等ちよっとしたプレゼントにぴったりですよ♪

定番フレーバーと2024年1月時点の季節限定フレーバーを紹介するので、楽しみながらお気に入りの味を探してみてくださいね。

通常フレーバーは19種類

1年を通じていつでも購入可能なリンツリンドールの定番フレーバーは、2024年1月時点で全部で19種類あります。

代表的なフレーバーは、ミルク、ダーク、ホワイト、ヘーゼルナッツです。

2024年1月時点のラインナップは以下の通りになります♪

  • ミルク
  • ダーク
  • ホワイト
  • 60%カカオ
  • 70%カカオ
  • ヘーゼルナッツ
  • キャラメル
  • ストロベリー&クリーム
  • 抹茶
  • ブラッドオレンジ
  • ストラッチアテラ
  • シーソルト
  • ミルク&ホワイト
  • ファッジスワール
  • ソルテッドキャラメル
  • ピスタチオ
  • ドルセ・デ・レチェ
  • ダブルチョコレート ※店舗によって取り扱いのない場合があります。

リンツ直営店舗では1個から購入できるので、色々な味を試してお気に入りのフレーバーを見つけてくださいね。

季節限定フレーバー2種類

季節限定フレーバーはリンツ公式オンラインショップにて、2024年1月時点では下記2つのリンドールが販売されています。

季節限定フレーバー
  • リンツブール マール・ド・シャンパーニュ
  • リンドール アイリッシュ クリーム

季節限定フレーバーはどんなチョコなのか1個ずつ紹介していきますね♪

マール・ド・シャンパーニュ

ブランデー「マール・ド・シャンパーニュ」をミルクチョコでコーティングしたお酒チョコです。

マール・ド・シャンパーニュは作る工程がブランデーに近いですが、香りはシャンパンよりもシャンパンらしく、チョコとの相性が抜群なお酒になります。

ツンとした強いアルコール感がない優しいお酒チョコですよ♪

アルコールが苦手なあなたにも安心して楽しんでいただけます。

アイリッシュ クリーム

アイリッシュクリーム風味をミルクチョコでコーティングしたお酒入りチョコです。

アイリッシュクリームは、まろやかで豊かなバニラの香りがするクリーム系リキュールです。

お酒独特のクセがなく、食べた瞬間に甘い香りが広がりますよ♪

甘味&香り共にかなり強いため、好みが分かれるかもしれません。

バレンタイン限定フレーバー3種類

バレンタイン限定フレーバーには3種類ありますよ♪

バレンタイン限定フレーバー
  • リンドール ハート
  • リンドール バレンタイン
  • リンドール ダークストロベリー

「リンドール ハート」は、1番人気のリンドールミルクが期間限定でハート型になったものです。

可愛らしい見た目で定番の味をしっかりと楽しめます

「リンドール バレンタイン」は、ホワイトチョコレートをミルクチョコレートでコーティングしたものになります。包み紙にハート模様がついており、とても可愛らしいです♡

「リンドール ダークストロベリー」は、ストロベリー風味のホワイトチョコレートをダークチョコレートでコーティングしていますよ。

バレンタインデー期間限定リンドールは2024年1月5日から販売されます。

期間限定リンドールの他にもバック型のギフトやギフトボックスもあるので大切な方と一緒に、お気に入りのフレーバーを見つけてみてくださいね♪

リンツのチョコを店舗で買うなら!お得な購入場所2選

ギフト

リンツのチョコは下記の通り様々な場所で売られています

販売店舗
  • コストコ
  • アウトレット
  • 直営店舗
  • カルディ
  • 成城石井
  • ドンキ

通販ではAmazonや楽天、リンツ公式、コストコオンラインショップでも購入できます。

販売店舗によって原産国が異なるので、こだわるあなたは注意が必要ですよ。

たくさん買うならコストコ

安くお得にたくさん買いたいならコストコがおすすめです。

コストコで売っているリンドールが安い理由は、原産国の違い(イタリア産)です。

48個入りで2,798円(税込)/1個あたり約58円になります。 ※2024年1月時点の値段です。

コストコのリンドールは4種類のフレーバーが各12個ずつ、合計48個入っていますよ♪

リンドールにはたくさんの種類があり、色んな味のチョコを試してみたいあなたにはコストコがおすすめです!

好きなフレーバーを選んで買うならアウトレット

お好みのリンドールを選んで量り売りで購入したいなら、リンツのアウトレット店舗がおすすめです。

リンツは実店舗以外にアウトレット店舗も展開してますよ。

アウトレット店舗で量り売りする場合は、100g(リンドール8粒以上)からの購入になりますが、グラムの重さに応じて割引が適応されます。

グラム数に応じて、最大25%OFFで購入できますよ♪

リンツ直営店舗ではグラムに応じた割引はありません。

アウトレット店舗ではたくさん買うほどリンドール1個あたりの値段が安くなりますよ。

アウトレット店舗が安い理由は、賞味期限が近いもの、シーズンが過ぎてしまったり、作りすぎてしまったりしたチョコだからです。

安いからといって正規のものと異なるわけではなく、中身は同じ品質なのでアウトレット店舗でお得に購入してみてくださいね♪

リンツのチョコは結局どこの国のお菓子?まとめ

  • リンツはスイスの会社だが、看板商品リンドールにはフレーバーや販売店舗によってどこの国かが異なる
  • リンドールチョコの原産国にはスイス産、イタリア産、アメリカ産がある
  • 同じリンドールのフレーバーでもどこの国かによって値段が異なる
  • 直営店舗のスイス産と他店舗のイタリア産を比較しても、味やクオリティに違いはほぼない
  • リンドールチョコの定番のフレーバーはミルク、ダーク、ホワイト、ヘーゼルナッツなど、全部で19種類ある
  • 季節限定フレーバーは2024年1月時点では「マール・ド・シャンパーニュ」と「アイリッシュ クリーム」の2種類ある
  • バレンタインフレーバーは2024年1月時点では「ハート」「バレンタイン」「ダークストロベリー」の3種類ある
  • 安くお得にたくさん買いたいならコストコがおすすめ
  • 自分で好きなフレーバーを選んでお得に買いたいならリンツのアウトレット店舗がおすすめ

同じリンドールでも販売店舗やフレーバーによってどこの国かが異なるので、原産国にこだわるなら裏側の製品表示をチェックしてみてくださいね。

友達へのプレゼントにぴったりなリンツのチョコ。贈る前に自分へのご褒美として味わってみるのはいかがでしょうか♪

オンラインストア限定のリンドールバレンタインギフトです。

お世話になっている先輩や友人へのプチギフトとしてぴったりという口コミが多いですよ。

定番フレーバーと季節限定フレーバーが7種入っていて気軽にプレゼントできます♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました