スポンサーリンク

徹底解説!出産祝いの使い道は貯金が正解?生活費に使うことはあるの?

本ページはプロモーションが含まれています。

出産祝い 子育て

出産祝いの使い道について徹底解説していきます。あなたは出産祝いをもらったら使い道はどうしていますか?

  • 将来の子どものために貯金?
  • 生まれた赤ちゃんのために使う?
  • 生活費に使う?

使い道は色々ありますよね。私も出産祝いをもらうとどんな使い道が正解なのか悩みました。しかし、使い道に正解なんてありません。

この記事でわかること
  • 将来の子どものために貯金したり内祝いのお返しに充てる
  • 出産祝いの使い道として生活費にすることもある
  • 出産祝いの使い道でおすすめなのはNISAや学資保険

この記事では出産祝いの使い道やおすすめの貯金方法などを紹介しています。

生まれてきた赤ちゃんのために親がしっかりと考えれば出産祝いの使い道は自由ですよ。

貯金のやり方もたくさんあるのであわせて勉強してみてはどうでしょうか?

出産祝いを生活費に使う理由や、生活費に使う際の注意点も説明しています。最後までぜひ読んでください。

▼▼登録は簡単30秒!▼▼

子どもと同居しているならだれでも登録OK♪
子どもの年齢に制限がないので登録しないと損!

>>【ママ・パパ必見】お得な楽天ママ割活用術(楽天公式)

スポンサーリンク

出産祝いの使い道ってどうしてる?相場はいくら?を解説

出産祝いとベビー用品

出産祝いの相場を見ると3,000~30,000円と幅広く、合計金額は10~20万円未満が多いです。

ではどんな使い道があるでしょうか?4つに分けてみました。

  • お祝い返し
  • 生まれてきた赤ちゃんのために使う
  • 生活費に使う
  • 貯金する

見て分かる通り、各家庭で使い道は違いますよね。

私は出産祝いを全額貯金に使う予定でした。しかしお祝い返しやベビーカーの購入など思ったより出費が多かったので、まずは赤ちゃんのためにお金を使いました。

残りのお金は貯金に回せたのですが、なかなか計画通りにはいかないものですね。

もらったら忘れちゃいけない!お祝い返し

お祝い返しの相場は「1/3〜半返し」が多いようです。

もらった出産祝いの一部からお祝い返しを購入する声も多いですよ。

赤ちゃんが生まれて1ヶ月頃にお祝い返しをするのが一般的なので忘れないようにしましょう。

生まれてきた赤ちゃんのために使う

生まれてきた赤ちゃんのためにもらった出産祝いなのでベビー用品に使う声も多いです。

なかでもベビーカー、抱っこ紐などお高めの物を買う声が多いです。

長く使うものだと出産祝いを贈った側も度々目にすることが多いので、嬉しい気持ちになりますよね♪

生活費に使う

子どもが増えるにつれ、出産祝いの使い道にも変化があります。

子どもが複数人いると[出産祝いの一部を貯金し残りは生活費にする]もしくは[貯金はせずに生活費に回す]こともあるようですね。

子どもが増えると赤ちゃんのオムツやミルクの他に、上の子たちの習い事や学費なども同時にかかってくるので負担が大きくなります。

たとえ少し貯金できても、残りは生活費に回さないと家計のやりくりが難しくなっていくようです。

貯金をする

赤ちゃんが生まれたら、赤ちゃん名義の口座を作って出産祝いを貯金する家庭は多いです。

私も子どもが生まれたとき、子ども名義の口座を作って出産祝いの一部を貯金しました。

また、内祝いに使った残りのお金は貯金する家庭も多い傾向です。

お祝い金を使うか貯金するかは、各家庭によって違ってくるといえるでしょう。

子どものやりたいことはできるだけ応援したいからこそ貯金を早くから始めるのをおすすめします。

スポンサーリンク

出産祝いの使い道を生活費にすることってあるの?

家計簿

出産祝いの使い道を生活費に使う声もあります。

出産祝いの使い道を生活費にしてはいけないことでしょうか?

  • 子どものためにもらったものだから貯金するべき!
  • 生活費は親が働いたお金でやりくりできるのでは?

多くの家庭は出産祝いの使い道を生活費にするのはいけないと考えているようです。

しかし、使わないといけない理由があるなら使い道は各家庭の自由だと思います。

先ほど、[子どもが増えるにつれて、出産祝いの使い道が生活費になることがある]とお話ししました。

年子の子どもがいたらオムツは2倍、ミルクも2倍。

上の子が受験だったら?他に想像もつかない家計の負担がありそうですよね。

生活費として使ったことを責めずに、これから計画的に赤ちゃんの貯金を増やしていく!と考え方を変えるのもひとつの手ですよ。

出産祝いの使い道におすすめの貯金方法3選!

貯金箱

将来、子どもの夢の選択肢を広げるためにお金は必要です。

出産祝いの使い道に悩んでいるなら、一部でもいいので貯金してみましょう!

貯金方法もたくさんあるのでおすすめ3つを紹介しますね。

通帳にコツコツ貯める

子どものために貯金をするなら子ども名義の貯金専用口座を作ることをおすすめします。

普段使っている口座に貯金すると、誤って使うかもしれません。

しっかり管理できるように貯金専用の口座を作りましょう。

貯金専用口座のお金は絶対に引き出さないとルールを決めると貯金しやすいですよ。

私もあらかじめルールを決めていたので、途中で使うこともなく子どもたちの専用口座に少しずつお金がたまっています。

将来子どもが大きくなったら通帳を渡すのが楽しみです。

しかし銀行は金利が低く、利息でお金がほぼ増えないデメリットもあるので注意も必要です。

私はすべてを銀行口座に貯金せず、分散させて貯金をしていますよ。

保険

保険を利用して貯金もできます。大学受験から大学入学に備えたいときは、学資保険がおすすめですよ。

親に万が一のことがあったら、ほとんどの学資保険に保険料の支払いが免除される特約が付いています。

コツコツ貯金するのが苦手であれば、保険を利用するのも効果的ですよ。

私も子どもが2人いるので1人5,000円の学資保険に加入しています。

分散して貯金しているので少額ではありますが、子どもたちの受験費用や入学金に充てようと考えています。

楽天ママ割から安心の補償内容ながら、6か月間保険料が無料で加入できる保険が出たのを知っていますか?

子育て中のママや妊娠中のママはぜひチェックしてみて下さい。

チェック>>「子育てあんしんミニ保険」を詳しく見てみる【楽天ママ割】

資産運用

お金がお金を増やす投資。投資と聞くと少し怖いイメージを持つかもしれません。

しかし、何も知らない状態だと損をする可能性もあるのでおすすめできません。

資産運用について紹介しますので、少しだけでも知っていただけたらな、と思います。

NISA

NISAとは2014年から開始した[少額投資非課税制度]です。

最長5年間、年間120万円の投資枠から得た利益に対して税金が非課税になる制度です。

子どもの出産祝いを教育資金として使いたい場合は、親名義のNISAで運用するといいですよ。

子ども名義で運用した場合、子どもが18歳になると本人の同意をもらわなければ、親が引き出すことはできません。

最初から親名義にしておくと親が管理ができますし、大学の費用に使うことができます。

一部を使って子どもにお金の勉強をさせる

出産祝いの使い道を投資教育の資金にするのもおすすめです。

子どもが中学生以上になったら未成年口座を作り、親の管理の下で子どもが投資を始めます。

100円でも実際のお金で投資すると、お金を自分で育てているんだ!と勉強にもなるし、同時に緊張感も経験できますよ。

投資教育はまだ心配だから、他の方法はないの?

投資教育が心配であれば、まず子どもにお小遣い帳を付けてもらいましょう。慣れてきたら子どもにお祝い金の一部もしくは全額を管理させてみましょう。

将来は自分のお金を自分で管理して生活していくので、予行練習になりますよ。

たまに親がチェックして、問題がなければなるべく使い道に口出しをしないようにしましょうね。

私は早めにお金の仕組みを知ってほしいので、出産祝いの一部で子どもたちに投資教育をする予定です。

スポンサーリンク

出産祝いの使い道はどうしたらいい?まとめ

出産祝い
  • もらった出産祝いの一部からお祝い返しを購入する
  • ベビーカーや抱っこ紐購入など、生まれてきた赤ちゃんのために使う
  • 子どもが増えると出費もかさむので、生活費に使うこともある
  • 出産祝いは子どもの将来のために全額貯金をする
  • NISAや学資保険など貯金の方法もたくさんある
  • 出産祝いを子どもの投資教育に使うのもおすすめ

出産祝いの使い道に悩んでしまうのは誰もが通る道ですよね。

貯金は絶対必要ですが、どの使い道でも生まれてきた赤ちゃんのために使えばそれが正解だと思います。

また、大きくなったら出産祝いの使い道をお金の教育にするのもいいな、と思いました。

この記事を参考にして、生まれてきた赤ちゃんのために1番いい使い道を考えてみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました