スポンサーリンク

間接照明を天井に後付け!賃貸のポイントやレールでの設置方法を紹介

本ページはプロモーションが含まれています。

電球とタイトル ライフスタイル

間接照明は天井にも後付けでき、おしゃれな空間を演出してくれます。

おしゃれな内装や家具をこだわっても一般的な照明だけだと雰囲気が出ないですよね。

そんな時に天井に間接照明を後付けすると、一気におしゃれな空間になりますよ。

間接照明を後付けするなら部屋のインテリアにあうものを選ぶと、統一感が生まれさらにおしゃれにみえます。

間接照明は賃貸でも天井に後付けできるので、安心してくださいね。

今回は天井に間接照明を後付けする時の注意点や良い点、賃貸でのポイントやおすすめ間接照明についてご紹介します。

天井に間接照明を後付けしたいと検討中の場合はぜひ参考にしてくださいね。

こちらの間接照明はカフェのような雰囲気がありおしゃれです。

ガラスを使っているので光が柔らかく、温かみのあるお部屋にしてくれますよ♪

スポンサーリンク

間接照明を天井に後付け!注意点と良い点を解説

光っている電球

間接照明は天井でも後付けでき、空間に変化を与えてくれるアイテムです。

間接照明は天井でも自分で簡単に取り付けられます。

自分で間接照明を天井に後付けするのは難しいと感じる場合は、業者に依頼すると安心です。

照明は基本的に一度取り付けるとずっとその場所で使い続ける場合が多いものです。

だからこそ間接照明を取り付けた後に失敗したとは思いたくない!

ここでは間接照明を天井に後付けする時の注意点や良い点についてご紹介します。

間接照明の注意点

間接照明はおしゃれなアイテムですが、設置を検討するなら知っておきたい注意点もあります。

間接照明は一般的な電球交換と同じく取り付ける作業や設置する場所について確認が必要です。

  • 交換が面倒
  • スイッチの場所や数を確認する必要がある
  • 照らされる範囲を確認

間接照明はいきなり購入しても天井に設置できない場合や思い描いていたものと違うと感じる場合があるため、まずはひとつひとつ確認しましょう。

ここでは天井に間接照明を取り入れる場合の注意点をご紹介します。

この注意点を知っておくと取り付ける際の失敗を防げますよ!

交換が面倒

自分で設置するなら、引掛シーリングだと交換が簡単にできておすすめです。

そのためまず間接照明は、「引掛シーリング」か「埋め込み式ライト」にするかを検討しましょう。

自分で設置するなら「引掛シーリング」、業者に依頼して設置するなら「埋め込み式ライト」と覚えておきましょう。

引掛シーリングとは引っ掛けるように固定するため、交換が簡単。

埋め込み式ライトとは天井に穴をあけ天井裏に突き出るように埋め込むため、工事には電気工事士の資格が必要でDIY取り付けはできない。

照明の配線を新たに設置する場合も業者へ依頼が必要となります。

「引掛シーリング」はシーリング対応の間接照明であれば気軽に交換でき、「埋め込み式ライト」なら天井がスッキリ見えるメリットがあります。

間接照明を取り付ける空間には、どちらが適しているのかきちんと見極めて設置するようにしましょう。

スイッチの場所や数

スイッチは生活動線に沿った場所に取り付けるとスムーズに生活を送れます。

特に玄関に間接照明を設置する場合は注意が必要です。

一般的な広さの玄関なら2ヶ所スイッチがあると便利です。

例えば夜帰宅した時、玄関の扉から離れた場所にスイッチがあった場合は暗いまま玄関を上がらなくてはなりません。

反対に外出する時は玄関に続く場所に1ヶ所スイッチがあるとわざわざ扉まで行かなくても玄関に灯りを灯せます。

このように玄関は扉の近くと玄関に続く場所の2ヶ所スイッチがあると便利でしょう。

照らされる範囲の確認

間接照明は種類によって照らされる範囲が異なります。

例えば「設置してみたら明るさが足りなかった!」なんてケースもあります。

間接照明自体、明るさが弱いので部屋全体を明るくすることはできません。

そのため間接照明の効果を十分に発揮させるにはひとつの空間に対して複数の間接照明を取り付ける意識をしましょう。

また高いところから照らすと、部屋全体に明るさが広がりおすすめです。

ほかにも光が遮られるとその分暗くなってしまうため、周辺に余計なものを置かないように注意しましょう。

間接照明の良い点

間接照明はおしゃれな空間を演出するのに欠かせないアイテムです。

取り入れるだけでおしゃれな空間になるので便利ですよね。

  • 特別な空間になる
  • 奥行きがでて広くみえる

間接照明はあるとおしゃれな空間になり自分だけの特別感を感じるでしょう。

では間接照明を天井に取り付けると得られるポイントについてご紹介します。

ぜひ上手に間接照明を取り入れてみてくださいね!

特別な空間になる

間接照明を設置すると部屋全体を照らす照明とは違って、柔らかい光の陰影で落ち着いた雰囲気を作り出せます。

間接照明の特徴として、間接照明の光が天井や壁に反射し柔らかみのある光を照らしてくれます。

照明が当たる角度などでも光の印象が違って見え、その光の陰影がとても美しいですよ。

また間接照明をポイントで複数使いすると高級感あふれる空間が生まれます。

毎日忙しく頑張った自分を癒してあげられる特別な空間ができるでしょう。

奥行きがでて広く見える

間接照明を部屋の角に置くと、空間に奥行きを感じさせ広々として見えます。

この時入口に近い角の間接照明の光を弱く、入り口から遠い角の間接照明の光を強くするとさらに良いでしょう。

間接照明の位置で明るさを変えると、より空間に奥行きを感じさせるポイントとなります。

とても簡単な方法なのでぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

間接照明を天井以外にも設置して賃貸でもおしゃれに!

緑色の照明

間接照明は天井以外でも取り入れられ、賃貸でもおしゃれな空間に変わります。

賃貸マンションやアパートの多くではあらかじめ天井に主照明が付いているでしょう。

その天井照明とは別に間接照明を設置すると部屋が一気におしゃれな雰囲気に変えられます。

ここでは賃貸マンションやアパートでもコストをかけず手軽に間接照明を取り入れる方法についてご紹介します。

間接的で柔らかな光の演出を部屋に加えると、殺風景な部屋でも見違えるようにおしゃれな空間に変わるはずですよ。

賃貸で間接照明を取り入れるポイント

賃貸でもちょっとしたコツで間接照明の効果を実感できます。

間接照明の効果を高めるためにはポイントが3つあります。

  • 主照明とのバランスを考える
  • 光を照らす方向を意識する
  • 光量が強すぎないものを選ぶ

これらのポイントを押さえると賃貸でも簡単におしゃれで効果的に間接照明を取り入れられますよ。

主照明とのバランスを考える

間接照明は主照明とのバランスを考えて配置すると効果的です。

主照明に比べて間接照明の数が多すぎるとバランスを取るのが難しくなります。

間接照明はあくまで演出的な役割を果たすものなので、目立ちすぎると浮いてしまいバランスを崩します。

主照明の明るさ:間接照明の明るさが7:3の割合だと良いバランスとなります。

間接照明を取り入れる際は部屋全体のバランスを考えて配置しましょう。

光を照らす方向を意識する

間接照明を取り入れる際は置き場所や照らす方向を意識すると良いでしょう。

例えば間接照明を天井方向に照らすと天井を高く見せられておすすめです。

ワンルームマンションやアパートの天井を高く見せたいなら、角度が調節できる照明で天井を照らしてみましょう。

天井を照らすと部屋が狭くても圧迫感が和らぎ、広く感じるでしょう。

狭い部屋を広く見せたい場合は間接照明を天井方向に照らしてみてくださいね。

光量が強すぎないものを選ぶ

間接照明はあくまで補助的な役割を果たすものなので光量が強すぎないものを選びましょう。

数値で言うと200~400lm(ルーメン)が一般的に間接照明に適しています。

Q
ルーメンとは?
A

明るさを表す単位のこと。ルーメンの値が高ければ高いほど強い光となります。

一般的に8畳の部屋を全体的に照らすなら3300~4300lmが適当とされています。

しかし間接照明の場合、1000lmもあると光が強すぎると感じる人が大半でしょう。

間接照明のぼんやりとした柔らかな光なら200~400lmほどに抑えた方が雰囲気を醸し出してくれます

部屋のテイストや置く場所に応じて好みの光量を調節してみてくださいね。

賃貸に間接照明を取り入れるならデスクライト!

引用:楽天市場

デスクライトは床のスペースを使用しないため、狭いワンルームマンションなどの賃貸でも活用できおすすめです。

デスクライトは卓上に置くものなので、コンパクトなものが多いのも特徴です。

またデスクライトはモダン調、北欧調、アンティーク調など様々なデザインがあるため照明を灯さない昼間でもインテリアとして活躍します。

コードレスで使えるタイプを選ぶとコンセントや電源コードを気にせず設置でき便利ですよ。

このようにバリエーションが豊富なため多くの種類から選べるのもデスクライトの魅力といえます。

スポンサーリンク

間接照明を天井に付けるならレールが便利でおすすめ

たくさんの照明

間接照明を天井に取り入れるならダクトレールを使うと便利でおしゃれな空間に演出できます。

ダクトレールは天井に主照明としても使われますが間接照明にも使えて便利ですよ。

Q
ダクトレールとは?
A

スポットライトなどの照明器具を取り付けるためのレールのこと。

レール上に電流が流れており、レール上のどこにでも対応する照明器具を取り付けて使用できるもの。

ダクトレールは天井に設置するとなると大掛かりな電気工事が必要となるため新築時やリフォーム時の対応が向いています。

一方、すでにある引掛シーリングなどの配線器具にアダプターを使って固定する簡易ダクトレールであれば後付けで比較的手軽に設置できおすすめです。

簡易ダクトレールはホームセンターやインテリア量販店、家電量販店などで取り扱いがあるほか、ネット通販にもありますよ。

今回はダクトレールを使ったおすすめの間接照明について解説します。

ダクトレールにはスポットライトが相性抜群!

引用:楽天市場

間接照明をダクトレールでつけるならスポットライトがおすすめです。

スポットライトは特定の場所を集中的に照らせ、ダクトレールとセットで使うのが基本です。

ダクトレールを複数設置すれば、明るくしたい場所を効率的に照らせます。

また光の方向を別々にすると部屋全体が明るくなり、見た目もおしゃれになります!

おすすめなのが照らす方向を変えられるタイプのスポットライトです。

ダクトレールにスポットライトを複数設置し、主照明として照らしながら、1つだけあえて壁に向けて間接照明として使うなど自在に方向をコントロールできます。

ダクトレールのスポットライトを間接照明代わりに使うと、空間全体が明るく開放的な印象となりますよ。

ダクトレールにペンダントライトを設置すればアクセントに!

引用:楽天市場

ペンダントライトはコードやチェーンによって吊り下げるタイプの照明で、こちらもダクトレールによく合います。

コードが照らしたい部分だけを効果的に照らしてくれるので、明かりで雰囲気を作れるのも特徴のひとつです。

そのため光のコントラストを演出でき、おしゃれなデザインのものが多いので人気となっています。

また、ペンダントライトは照明を吊るしているので、インテリアのアクセントとなり魅力的です。

ペンダントライトを吊るすだけでお部屋の印象がグッと引き締まりますよ。

スポンサーリンク

間接照明を天井に後付けしておしゃれに!のまとめ

間接照明とメモ
  • 間接照明は天井でも後付けでき、空間に変化を与えてくれるアイテム
  • 自分で設置するなら、引っ掛けるように固定する引掛シーリングだと交換が簡単にできておすすめ
  • スイッチは生活動線に沿った場所に取り付けるとスムーズに生活を送れる
  • 間接照明を設置すると部屋全体を照らす照明とは違って、柔らかい光の陰影で落ち着いた雰囲気を作り出せる
  • 賃貸でも主照明とのバランスを考え、光を照らす方向を意識し、光量が強すぎないものを選ぶと間接照明の効果を実感できる
  • デスクライトは床のスペースを使用しないため、狭いワンルームマンションなどの賃貸でも活用できおすすめ
  • 間接照明をダクトレールでつけるならスポットライトやペンダントライトがおすすめ

間接照明を天井に後付けするとおしゃれに見えるだけでなく、広さを感じ開放的になります。

天井に間接照明を後付けするのが難しい場合は、業者に頼むと安心ですよ。

間接照明はデザインや種類がたくさんあるので自分の好みに合ったものを取り入れると、一気におしゃれになりますよ!

もちろん業者に頼まなくても自分で天井に後付けもできるので、部屋の内装やインテリアにあった素敵な間接照明を取り入れてみてくださいね。

こちらの間接照明は異なる素材が絶妙に組み合わさり洗練された仕上がりとなっています。

夜だけでなく、照明を使用しない日中も素敵なアクセントになりますよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました