スポンサーリンク

鏡の水垢がクエン酸だけで落ちない!?重曹の使い方と防止方法も紹介

本ページはプロモーションが含まれています。

ライフスタイル

お風呂や洗面所の鏡についた水垢が落ちないときはどうしたらいいの…。

お風呂や洗面所の鏡を拭いても水垢が残るときは、クエン酸か重曹を使うと落ちます!

水垢を落とすのにクエン酸と重曹のどちらを使ったらいいのか気になりますよね?

私はお風呂や洗面所の水垢が落ちないので、いつも困っていました。

水垢の原因によって、クエン酸と重曹の使い分けが必要です。

今回は鏡の水垢ができる原因、クエン酸と重曹の使い方について解説します。

また、鏡の水垢を落とす方法と防止策も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

クエン酸と重曹を上手に使い分けて、お風呂や洗面所の鏡をきれいに保ってくださいね。

拭いても落ちないお風呂場や洗面所の鏡の水垢をピカピカにしてくれるクエン酸です。

お掃除の際にぜひ使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

鏡の水垢がクエン酸で落ちないのはなぜなの⁉

クエン酸

鏡の水垢がクエン酸でも落ちないのはどうしてなの…。

クエン酸で鏡の水垢が落ちないのは、汚れの原因になるものが違うからです。

お風呂場や洗面所についたうろこ状の水垢は落ちたのに、白い粉末状の水垢は落ちないのはなぜ?

クエン酸を使うとよい水垢と重曹を使うとよい水垢、それぞれの原因を解説していきます。

水垢ができる原因は?

鏡につく水垢の原因は「水道水」と歯磨き粉などの「石鹸カス」の2種類があります。

間違った方法で掃除すると落ちないこともあるので、しっかり確認してからお掃除しましょう!

【うろこ状】の水垢汚れの原因

水垢汚れの原因は、滴が蒸発する時「水道水」に含まれる炭酸カルシウムや二酸化ケイ素などが付着するためです。

そのため、シャワーで何度洗い流しても残ってしまいます。

原因である炭酸カルシウムはアルカリ性なので、酸性のクエン酸を使うと落ちますよ。

【白い粉末状】の水垢汚れの原因

白い粉末状の水垢汚れはシャンプーやボディソープまたは皮脂が酸化したものや、飛び散って固まった歯磨き粉などが原因です。

重曹はアルカリ性なので、石鹸カスや皮脂カスの水垢が落とせます。

頑固な水垢の汚れの原因

頑固な水垢は2種類の原因の水垢の掃除不足により、鏡にこびりついてしまってる状態です。

研磨作用のあるスポンジなどの便利グッズを使って落としましょう。

スポンサーリンク

鏡の水垢の掃除はクエン酸か重曹を使うと落ちる!

洗面所

クエン酸と重曹をどのように使って掃除したらいいの…。

クエン酸と重曹を使った落とし方を紹介するので参考にしてみてください。

クエン酸と重曹は使う時の注意事項があるので、しっかり確認してくださいね。

【クエン酸と重曹を使う時の注意点】

  • クエン酸は塩素系漂白剤と混ぜると有毒ガスが発生するので気をつけてください。
  • クエン酸も重曹も短時間であれば素手で問題ないですが、掃除の際は長く触れることになるので使用する時は家事用ビニール手袋やエンボス手袋を使用してください。
  • クエン酸と重曹が使える素材なのかを確認してください。
  • クエン酸は漆器、鉄、アルミ、銅、大理石での使用は避けてください。
  • 重曹は大理石、アルミ、銅、真鍮、木製での使用は避けてください。 

 

【うろこ状】の水垢を落とすには?

うろこ状の水垢の原因の水道水に含まれる炭酸カルシウムはアルカリ性なので、クエン酸を使います。

クエン酸の使い方

クエン酸水を作りスプレーすると便利です。クエン酸がない場合は、酢でも代用できます。

【必要なもの】

  • 水 200ml
  • クエン酸 小さじ1 または 水:酢 1:1
  • スプレーボトル

水とクエン酸を混ぜたのをスプレーボトルに入れ、鏡や水回りの水垢に吹きかけます。

水で流すか濡れタオルで拭き取り、乾いたタオルで水滴が残らないように拭きます。

これでも落ちないときは、スプレーした後にキッチンペーパーをかぶせた上からラップをかぶせて1時間ほど置いてから拭き取りましょう。

クエン酸スプレーは2~3週間で使い切ることをおすすめします。

【白い粉末状】の水垢を落とすには?

白い粉末状の水垢の原因である石鹸や皮脂のカスは、アルカリ性の重曹を使って落とします。

重曹の使い方

重曹は研磨作用があるので、鏡が傷つかないように必ず水に溶かして使いましょう!

重曹水を作り、スプレーにすると便利です。

【必要なもの】

  • 水 100ml
  • 重曹 小さじ1
  • スプレーボトル
  • タオル、キッチンペーパー、スポンジ

水と重曹を混ぜたものをスプレーボトルに入れ、鏡や水回りの水垢に吹きかけます。

タオルやスポンジなどで磨くか、キッチンペーパーをかぶせて5分放置します。

水で洗い流すか、濡れたタオルで拭き取り、乾いたタオルで水滴がが残らないように拭き取りましょう。

重曹水は水垢だけでなくキッチンの油汚れや床掃除にも使えるので、常備すると良いですよ。

頑固な水垢を落とすには?

クエン酸や重曹でも落ちなかった頑固な水垢は研磨します。

セラミックスポンジやダイヤモンドパットなどを使い研磨しましょう。

ただし、やりすぎで鏡を傷つけてしまうと水垢ができやすくなるので注意してください。

セラミックスポンジの使い方

【必要なもの】

  • セラミックスポンジ
  • クエン酸水
  • キッチンペーパー
  • ラップ

鏡にクエン酸水を吹きかけてキッチンペーパーをかぶせ、その上からラップをかぶせて10分放置します。

キッチンペーパーとラップをとり、メラミンスポンジに水を湿らせこすります。

ダイヤモンドパットの使い方

【必要なもの】

  • ダイヤモンドパット
  • クエン酸水
  • キッチンペーパー
  • ラップ

鏡にクエン酸水を吹きかけてキッチンペーパーをかぶせ、その上からラップをかぶせて30分放置します。

キッチンペーパーとラップをとり、鏡に水気がある状態でこすります。

水気がないと鏡が傷つくので気をつけてください。

スポンサーリンク

鏡の水垢を防止するおすすめ方法はこれだけ!

お風呂場

お風呂場や洗面所の鏡の水垢掃除って面倒くさいから防止できたらいいな。

防止方法は原因となる水道水や石鹸カスを鏡に付着させない事です!

それぞれの防止方法と水垢防止アイテムを紹介するので参考にしてみてください。

【うろこ状】の水垢を防止

お風呂を使ったら鏡についた水気を取る!これだけで【うろこ状】の水垢を防止できます!

水気をとるときは水切りワイパーを使うときれいになります!

【白い粉末状】の水垢を防止

シャンプーやボディソープを使ったら水道水で洗い流す!

これだけで【白い粉末状】の水垢が防止できます。後はきれいに水気を拭き取りましょう。

水垢を防止するアイテム

「撥水スプレー」や「曇り止めシート」を使うのが良いです。

ただこの2つの防止方法だと、水気を拭き取る作業が手間で大変ですよね?

撥水スプレーで鏡の表面をコーティングすると水が弾きやすくなり、水気を拭き取る手間が削減できます。

また、曇り止めシートを張ることで石鹸カスなどがつかなくなり、掃除の手間が減らせます。

水垢の対策は常にきれいに保つということが大事なので、自分に合った方法で習慣化してやってみてください。

スポンサーリンク

鏡の水垢がクエン酸だけで落ちない時!のまとめ

お風呂場
  • お風呂や洗面所の鏡や水回りの水垢を拭いても落ちないときはクエン酸か重曹を使う
  • 鏡につく水垢の原因は「水道水」と歯磨き粉などの「石鹸カス」の2種類がある
  • 水道水でできるうろこ状の水垢はクエン酸を使う
  • 石鹸カスでできる白い粉末状の水垢は重曹を使う
  • 頑固で落ちない水垢はセラミックスポンジやダイヤモンド使い研磨する
  • 防止方法は原因となる水道水や石鹸カスを付着させない事
  • 鏡に撥水スプレーや曇り止めシートを使うと掃除の手間が削減できる

今回は鏡の水垢ができる原因、クエン酸と重曹の使い方について解説しました。

鏡の水垢を落とす方法と防止策も紹介したので、ぜひ参考にしてください。

クエン酸と重曹を上手に使い分けて、落ちない水垢をきれいに取ってくださいね。

水垢の掃除のときに大活躍してくれるクエン酸は水垢の掃除の他に、食洗器の洗浄や魚の臭いなども取ってくれます。

とても便利なので、1つは持ってるのをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました