スポンサーリンク

バルミューダレンジのデメリットを解説!2代目「K09A」のサイズも紹介

本ページはプロモーションが含まれています。

キッチン ライフスタイル

バルミューダのオーブンレンジのデメリットは何だろう?

バルミューダレンジのデメリットは、【スチームを使ったオーブン料理が不可能】と【2段調理ができないこと】の2つです。

バルミューダレンジは高額なため、デメリットを知らずに買ってしまったら悲しいですよね。

この記事ではバルミューダレンジのデメリットとメリット、音やサイズについて解説します。

2023年6月に発売された2代目モデル「K09A」は初代製品「K04」を改良しているため、デメリットが減ったという口コミがありました。

この記事を読めば、デメリットの他に2023年発売の2代目モデル「K09A」と初代製品「K04」の比較もわかりますよ。

デメリットを知った上で購入を検討してくださいね。心配な場合は購入前のレンタルをおすすめします。

「K09A」モデルは2023年6月に発売された製品です。前モデルからほぼ同じサイズのまま、庫内が広く使いやすくなりました。

電熱線が増えたので、初代「K04A」で多く聞かれた加熱ムラも改善されていますよ。

スポンサーリンク

バルミューダレンジのデメリットは?メリットも紹介!

レンジ

バルミューダレンジを買う前に、デメリットとメリットを知りたいな。

バルミューダレンジのデメリットは、サイズが小さいため機能が限られていることなどです。

スチーム機能を使った料理や、プロ並みのオーブン料理を大量に作ることは難しいでしょう。

デメリットが心配な場合は購入前にレンタルし、しばらく使用するのをおすすめします。

実際に使うと、バルミューダレンジがあなたに合っているかわかりますね。

ここからはバルミューダレンジのデメリットとメリットについて解説します。

デメリット1:小型でシンプルなため複雑な調理はNG

バルミューダレンジは小型で機能が限られているため、手の込んだ料理には対応できません。

また、スチーム機能がないので、蒸し料理など水分を補いながら加熱する料理も難しいでしょう。

小型のため、天板を上下段両方に同時にセットした調理もできません。

デメリット2:火の通りにムラがある

バルミューダレンジは火の通りにムラがあるという口コミが多いです。

2023年に発売された「K09A」は、2017年の初代モデル「K04」を改良しているため、以前よりも温めムラが少なくなっています。

具体的には、2代目モデル「K09A」の庫内の構造を見直し、加熱性能を高めています。

しかし、2代目の「K09A」でも火の通りが良くないというコメントがあるので、完全になくすのは難しいようです。

火の通りにムラがある場合は、食材の置き方に気をつけたり、途中で混ぜたりすると良いでしょう。

デメリット3:壊れやすくサポートにも不安あり

バルミューダレンジは早くて購入後1年未満で壊れ、修理が必要になったというコメントがあります。

サポート窓口はマニュアル通りに答えるため、思ったような回答が得られなかったという声もありました。

オーブンレンジは一般的に7年~10年ほど使えるので、頻繁に故障するのは困りますね。

熱を発する製品のため、火災などの事故も心配です。

バルミューダレンジを購入する場合は、メーカーの1年保証とは別で、購入店舗で長期保証にも加入すると良いでしょう。

とはいえ、頻繁に壊れる家電なら買いたくないですよね。

どちらかといえば2代目K09Aの方がおすすめですが、正直私は他のメーカーを選ぼうかなと思います。

悪いところばかりじゃない!8つのメリット

デメリットが目立つバルミューダですが、メリットもちゃんとあります。

バルミューダのオーブンレンジは、シンプルでおしゃれなデザインが1番のメリットでしょう。

見た目がおしゃれなので、キッチンにあると気分が上がるという口コミもありました。

バルミューダレンジの8つのメリットは次のとおりです。

  • シンプルでデザインが良い
  • 調理完了のお知らせがギター音でおしゃれ
  • 小型なので、サイズが限られている所にも置ける
  • 簡単な温めなどに適している
  • 2代目は初代モデルよりも温めムラが少ない
  • 発酵や予熱ができるので、焼き菓子やパンなども作れる
  • 庫内がフラットなので掃除しやすい
  • 2代目モデルは通気口が上部にあるため、背面と側面の隙間を開けなくても問題ない

少人数の家族や事務所などでの使用、温めや簡単なオーブン料理などに適しているでしょう。

バルミューダレンジの音はギターでお知らせ!

ギター

バルミューダレンジは料理ができるとギター音でお知らせしてくれるって本当?

バルミューダレンジは出来上がったらギター音で知らせてくれます。

初期設定はギター音ですが、ピピッというBEEP音にも変更できます。

BEEP音も余韻のある柔らかい雰囲気で人気です。バルミューダレンジはどちらの音でも楽しみながら使えて魅力的ですね。

音は無音を含めて4段階あります。レンジの操作音などは無音にできますが、お知らせ音は消せません。

小さい音に変えられるので、お知らせ音が気になったら調節してくださいね。

バルミューダレンジのサイズはコンパクトな2人用!

ラザニア

バルミューダレンジはコンパクトに見えるけど、何人分の料理ができるのかな?

バルミューダレンジ2代目モデル「K09A」の庫内サイズは20リットルです。

20リットルはコンビニの一般的なお弁当が1つ温められるサイズです。

コンパクトなので、1人または2人暮らしに良いでしょう。

そのため、大人数の家族用には適さないかもしれません。

バルミューダレンジ2代目モデル「K09A」は通気口が上部にあるので、背面と側面に隙間を空けなくても問題ありません。

中がフラットでコンパクトなので、お手入れも簡単ですよ。

初代「K04」と2代目「K09A」のサイズを比較

庫内が18リットルから20リットルに拡大され、さらに使いやすくなりました。

2017年発売の初代モデルと、2023年発売製品の比較は次のとおりです。

2017年発売(K04)2023年発売(K09A)
本体
寸法
幅450mm x 奥行き412mm x 高さ330mm
(ハンドル含む)
幅456mm x 奥行き435mm x 高さ 331mm
(ハンドル含む)
庫内
寸法
幅353mm x 奥行き293mm x 高さ168mm幅352mm x 奥行き314mm x 高さ177mm
庫内
容量
18リットル20リットル
本体
重量
約12kg約15.3kg

庫内が広くなった分、本体サイズも若干大きくなりましたが、高さは1mmしか変わりません。

初代の18Lは一人暮らし用と言ってもいいサイズだったので、2代目が2人でも使いやすくアップデートされたのは嬉しいですね。

角皿のサイズは?

ホーロー加工角皿のサイズは幅362mm x 奥行き286mm x 高さ32.6mmで、商品に1枚含まれています。

深めの角皿なので、ローストチキンやローストポーク、パエリアなどもおいしく作れます。肉汁が出ても安心ですね。

付属の角皿は保温性や冷却性に優れており、そのままテーブルに出せます。

バルミューダレンジは角皿を2枚同時に入れて調理できないのでご注意ください。

バルミューダレンジのデメリットは?のまとめ

ローストチキン
  • バルミューダレンジはコンパクトで機能が限られているため、スチームを使った料理が作れず、2段調理できないことがデメリット
  • 火の通りにムラがあり壊れやすく、サポートに不安があることもデメリット
  • バルミューダレンジの1番のメリットはシンプルでデザインが良いこと
  • 料理が出来上がると、ギター音で知らせてくれるのが魅力的
  • バルミューダレンジは小型のため、1人または2人暮らしにおすすめ
  • 初代モデルと2代目を比較すると、庫内が18リットルから20リットルに拡大し、さらに使いやすくなっている
  • デメリットが心配な時はレンタルがおすすめ

バルミューダレンジのデメリットとメリット、音やサイズについて解説しました。

大きな七面鳥を丸焼きにしたい、焼き菓子やパンを2段で焼きたいなどの場合、バルミューダレンジの使用は難しいでしょう。

しかし見た目重視で、求める機能は簡単なオーブン調理や温めだけ、そして2人分のレンジをお探しならバルミューダがおすすめです。

バルミューダレンジはブラック、ホワイト、ステンレス、ダークグレーの4色があり、いずれもキッチンを素敵に見せてくれます。

シンプルで使いやすく見た目がおしゃれなので、買ってよかったという声もありますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました