スポンサーリンク

一人暮らしでプロジェクターはテレビ代わりになる?おすすめ機種は?

本ページはプロモーションが含まれています。

ライフスタイル

一人暮らしを始めたんだけど、せっかくなら大画面でテレビが見たいな。

プロジェクターをテレビ代わりに使えるかな?

プロジェクターはテレビ代わりに使えます。スマホ1台でなんでも見られるため、家にテレビがない家庭も増えてきました。

一人暮らしなら、限られたスペースの中にテレビを置く場所が無い場合もあり、YouTubeやHuluなどの動画配信サービスもスマホ一台で完結します。

でも、たまにはテレビも見たい!しかし、たまにしか使わないのに場所を取るのも考え物。

そこで便利なプロジェクター。テレビ代わりに使えます。

コンパクトで場所も取らない、何より大画面で見られます。

ただ、テレビとプロジェクターは別物。知っておいた方がいいメリットやデメリットをこの記事でご紹介していきますね♪

照明一体型の商品であれば、場所を取らずに一人暮らしにもおすすめです。

人気のポップインアラジンならテレビだけでなく、生活の中心となるよう目覚まし機能やおしゃれな壁時計など機能が沢山あります。

スポンサーリンク

一人暮らしでプロジェクターはテレビ代わりになる?

引用:楽天市場

一人暮らしならプロジェクターを使ってテレビ代わりにして節約できますよ。

メリットは、設置のスペースを取らずに大画面で見られることです。

大画面のテレビを購入すると広い設置場所を必要としますが、プロジェクターの場合、壁面やスクリーンに映し出すのが一般的です。

プロジェクターの本体はテレビより小型のため、設置場所を選びません。

大型のテレビを購入しようとするとテレビ台も設置したり、高額になったりしてしまいます。

例えば、100インチのテレビは100万円以上したりととても高額ですが、プロジェクターであれば1万円~10万円の商品で100インチサイズの映像が見られます。

コストパフォーマンスはとても高いと言えます。しかも設置するのは小型のプロジェクターだけです。

プロジェクターはテレビより安価に大画面に映像を投影できるにも関わらず、設置スペースが殆どないのです。

また、手軽に置き場所を変えられるため、部屋の模様替えやレイアウトも変えやすくなっています。

一人暮らしの限られたスペースで設置場所が少なく、テレビ代わりに大きな画面を見られるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

自宅にいながら、映画館の様な雰囲気で映像が見られます。

また、後述しますがプロジェクターとしての投影する以外の機能を備えているものもあるため、生活スタイルがスタイリッシュに変わります。

スポンサーリンク

一人暮らしでプロジェクターをテレビ代わりのデメリット

プロジェクター映像を楽しむ男性

憧れのプロジェクターを一人暮らしの家でテレビ代わりに使いこなすため、知っておいた方が良いデメリットをご紹介していきます。

一人暮らしの家でプロジェクターを使ってテレビを見るなんてカッコいいですよね。

プロジェクターを使うデメリット

プロジェクターを使ってテレビを見るデメリットは、周囲の明るさで見づらかったり、テレビほどの鮮明な画像ではなかったりという事です。

学校や職場でプロジェクターを使用している時を思い浮かべていただくと分かりやすいのですが、周囲が暗くないと画像が不鮮明になります。

プロジェクターは、明るい環境では映像が鮮明に表示されにくいという制約があります。

光が強い場所では映像がくすんでしまう可能性があり、真っ暗な環境が必要です。

そのため、昼間や明るい場所での使用には注意が必要で、テレビ代わりにはなりません。

また、ホームタイプのプロジェクターは映画館の様な高品質の映像が投影できないため、美しい画像を一番に求めるのであればテレビには敵わないです。

ただ、高品質のプロジェクターや、スクリーンを使うと高品質の映像が見られます。

一人暮らしで、夜帰宅してから見るのが殆どの場合、明るさはあまり気にならないかもしれません。

プロジェクターを使ってテレビを見るデメリットは、テレビほどの高品質の映像ではないという点ですが、画質が良いプロジェクターを選ぶと、そのデメリットは軽減します。

明るさはルーメンという単位です。ルーメンが高いと、部屋が明るくても画像がくっきり見えます。

例えば、こちらの商品は15000ルーメンと高くなっており、4K対応で解像度も高く高品質の画像と言える商品です。

一人暮らしでプロジェクターにスクリーンは必要?

プロジェクターの映像を見る女性

一人暮らしの家でプロジェクターを使うのにスクリーンは必要かな?

一人暮らしでプロジェクターを使うとき、スクリーンは必要ではありません

しかし、使用することもできますし、メリットもあります。

ここでは、一人暮らしでプロジェクターを使う際のポイントを紹介していきます。

プロジェクターをテレビ代わりでスクリーンは必要?

プロジェクターで映像を投影して鑑賞するのにスクリーンは必要ではありません。

壁や天井に投影して映像を楽しむことができます。

しかし、壁や天井にデコボコがあったり、白以外である場合には映像が見えづらくなるので、スクリーンの導入を検討した方が良いかもしれません。

一人暮らしのデザイナーズマンションなどで壁紙におしゃれな柄がある場合はスクリーンを使った方が良いでしょう。

プロジェクターでDVD鑑賞とゲームしたい!

プロジェクターで映し出される映像でDVD鑑賞やゲームが可能です。

ゲーム本体やDVDとつなげられる機種を選びましょう。

別売りの付属品が必要な場合もありますので、プロジェクターでDVDやゲームを楽しみたい方は、接続できる機種の事前確認が必要です。

また、テレビを見るためにもTVチューナーが必要です。

テレビやゲームが目に悪いと言われていますが、画面からの光を直接見てしまうからです。

プロジェクターに映し出される場合は光から映し出された影ですので、比較的目への負担が少ないとされています。

プロジェクターの設置場所やレイアウトは?

プロジェクターを設置するにあたり、レイアウトはとても重要です。

もちろん、プロジェクターと投影位置が離れている方が投影される画面が大きくなります。

まずは投影する壁や場所を決めて、そこへ投影するのにちょうどいい場所に設置しましょう。

注意点として、遠くに置く際には高さがない場所に設置すると、人や家具が影になってしまう場合があります。

その場合は高さのある家具の上か、三脚などを用意して高さを出すようにしましょう。

プロジェクターはテレビと比べても格段に軽く、持ち運びもできます。

ただ、テレビを見るためにはテレビチューナーの接続が必要なため、その置き場所は検討することが望ましいです。

そのため、一度設置してみてから、より快適な方法を探して気軽に設置しなおせるのもプロジェクターの嬉しいポイントです。 

↓一人でも友達とでもゆっくり過ごせる宿はこちら↓

一人暮らし用プロジェクターのおすすめ機種3選

プロジェクターの映像を見るカップル

一人暮らしに使えるプロジェクターはたくさんありますのでおすすめのものをご紹介いたします。

一人暮らしの部屋でテレビの置き場所がないだけでも部屋が広く使えますので、大画面でテレビや映画、ゲームなどを楽しめるので友人を招くのも素敵ですね。

PopIn Aladdin2 Plus

引用:楽天市場

ホームタイプのプロジェクターの一押し人気といえばこの商品。テレビや映画などを映すだけではありません。

インテリアとして時計を壁に投影し、ライトと連動してお休みタイマーや、目覚ましタイマーが設定できます。

また、自動で入眠や起床の音楽や映像を流し、ライトを自動オンオフ設定できます。

設置すると映像を見る以外の楽しみが増えるのもおすすめのポイントです。

値段はお高めですが、天井のシーリングライトに吊り下げるタイプで設置場所に困りません。

また、短焦点型と言って投影場所までの距離が短くても大きな投影画面になるのも嬉しいポイント。

100インチのためには1.78m離せば投影できますので、一人暮らしの部屋が狭い場合でも大きい画面になります。

また、900ルーメンあるので少し明るい場所でも映像がはっきりと映りやすいです。

Nebula CapsuleⅡ

引用:楽天市場

500ml缶サイズで、持ち運び可能なようにバッテリーを内蔵しています。

自宅での投影はもちろんですが、持ち運びができるので、キャンプにも持っていけます。

アウトドア派でなかなか家でテレビを見る時間がなく、買わなくてもいいかなと悩んでいる方や、人と違ったものが欲しいという方にはおすすめのアイテムです。

こちらは、100インチの映像を投影するために、2.94m離す必要があります。

通常の部屋だと、その広さがありますので一人暮らしでも充分100インチサイズの映像を楽しめます。

また、コンパクトで場所を選ばないので、天井に投影することもできるのも嬉しいポイントです。

FunLogy HOME2

引用:楽天市場

こちらは、安く手軽にプロジェクターを導入したい方向け。

Fire TV stickも直接つなげるので、アマゾンプライムビデオなども手軽に楽しめます。

一人暮らしの方へのプレゼントにも最適ですよ。3.72m離れることで、120インチまで投影できます。

テレビやパソコンなどに有線で接続できるので、操作が簡単で初めてでも使いやすいです。

一人暮らしでプロジェクターをテレビ代わりに使うまとめ

引用:楽天市場
  • プロジェクターはテレビ代わりに使える
  • デメリットは周囲の明るさで見づらい場合があることと、テレビほど鮮明ではないこと
  • メリットは設置のスペースを取らずに大画面で見られること
  • スクリーンは必要ではないが、映像が見づらい時は導入がおすすめ
  • プロジェクターでDVDやゲームも楽しめる
  • 設置位置が離れているほど投影サイズが大きくなる
  • 手軽に設置できるため、レイアウトも変えやすい

一人暮らしの限られたスペースで、プロジェクターをテレビ代わりに使うことでスペースを有効に使えます。

また、プロジェクターはテレビ代わり以上に多彩な機能がついているものもあるので、一人暮らしを楽しむには便利な商品です。

一人暮らしを楽しむのには、部屋の雰囲気がとても大切ですが、プロジェクターが一台あれば雰囲気が変わります。

どういう部屋にしたいかの参考にしてみてくださいね。

一台あるだけで生活スタイルがガラリと変わるプロジェクター。

大画面で映像を観たり、ゲームをしたり楽しみの幅が増えますね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました