スポンサーリンク

ポータブル電源は防災に必要か?いらない意見や容量の選び方を紹介

本ページはプロモーションが含まれています。

ライフスタイル

ポータブル電源は防災に必要かな?

ポータブル電源は、防災の観点から見るといざという時安心なので必要と考えたほうがいいでしょう。

ポータブル電源は、安い買い物ではないので本当に防災のためだけに買っておいた方がいいのか悩みますよね。

実はキャンプや車中泊で使えて、スマホを繰り返し充電したり、電子レンジで簡単な料理をしたりなど使い道も豊富です。

この記事でわかること
  • ポータブル電源は防災に必要かどうか
  • ポータブル電源がいらない派の意見
  • ポータブル電源のおすすめの容量や停電をすると困ること

ポータブル電源は、防災だけではなくアウトドアや日常でも使えることを知って必要かどうか参考にしてくださいね。

Evopowのポータブル電源は、防災に役立つのはもちろんキャンプや車中泊でも大活躍します。

屋外でちょっとした電化製品を使いたい時やアウトドアにも使えるので常備しておくと便利すよ♪

想定外の停電でもソーラーパネルで充電できるので安心
スポンサーリンク

ポータブル電源は防災に必要か?災害の多い国とは?

充電器

ポータブル電源が防災に必要かについて解説していきます。

2024年は、お正月から能登地方で大きな地震がありましたね。

おめでたい、希望の1年の幕開けのはずなのに…なんでこんなことが…。

年始早々ということ、被害がとても大きかったことに、日本はどうなってしまうの?とショックと恐怖を感じました。

不安を解消するためにも防災におけるポータブル電源が必要かを解説するので参考にしてくださいね。

災害時電源の確保が1番重要

やっぱり防災の為、電気確保できるようにポータブル電源は必要かな?

災害時に、1番確保しなければいけないのは「電力」なのでポータブル電源はあったほうが安心です。

災害時1番困ることは停電ではないでしょうか?停電になってしまったら何もできなくなります。

現代社会では電気がなければ、何もできない。生きていくことすら困難になります。

実際に停電を経験すると、身をもってこのことが分かります。

普段と変わりない環境に近づくことができれば安心!!

精神的ストレスも減るな~。

ポータブル電源があれば、携帯電話、ラジオの充電、電気をつける、空調機器や炊飯器など家電製品も使用できるようになります。

私たちが生きていくためには、「電源を確保する」ということが1番重要だということがわかりますね。

災害の多い国、日本

日本って災害が多くなってきたような気がするなぁ。

日本ではかつて安全に暮らせていた場所でも、大きな被害が起こるようになってきています。

毎年どこかで被害のニュースを耳にします。珍しいことではなくなってきているなと感じるようになってきました。

地震の他にも、梅雨や台風の時期に線状降水帯が出現し災害が起こるということもあります。

長時間に渡って同じ場所に激しい雨が降り続いた結果、排水機能が停止し河川の決壊や道路が浸水するということも。

何十年もここに住んでいるが、こんなことは初めてだ

今後日本に大きな災害が起きる可能性は十分にあると言えます。

  • 南海トラフ大地震
  • 首都直下型地震
  • 地球温暖化で威力を増した雨風、台風

災害の多い国だからこそ、それぞれが防災に目を向けしっかりと準備しておくことが大事ですね。

スポンサーリンク

ポータブル電源は防災でいらないという意見も

ポータブル電源はいらないと主張する人

一方で、ポータブル電源は防災にいらないという意見もまとめてみました。

ポータブル電源は災害時に役立つものの高額なうえに、収納する場所もとるので「いらない」という意見も目立ちました。

いつ使うか分からないものを購入する必要はあるの?

普段から家にあるモバイルバッテリー、乾電池や毛布、うちわなどで大丈夫なんじゃない?

短い期間ならそれらで対応することは可能かもしれません。

しかし、突然災害が起これば、電気の復旧には時間がかかります。

電気復旧にかかる時間は、東日本大震災では7日、能登半島地震では2ヶ月近くかかっています。

その間、自力で電源を確保するには、モバイルバッテリーや乾電池だけでは容量が小さすぎて、電源をまかないきれないのです。

防災でしか使えないと考えれば、「いらない」と思いますがキャンプやアウトドアで役立つので持っておくといざという時安心ですよ。

ポータブル電源の防災で使うおすすめの容量は?

困る女性

ポータブル電源の防災で使う容量や停電すると起こりうることを紹介します。

現代社会は電気で動いているものが多いので、それらが使えなくなってしまうのは致命的です。

災害直後の電力不足の際、私たちは数日間自力で電力を確保しなければなりません。

防災の為、ポータブル電源が必要なアイテムとなることは間違いないでしょう。

あなたの家族構成や最低限の保証を考えた容量選びの参考にしてくださいね。

おすすめの容量は2,000~3,000Wh

防災用のポータブル電源のおすすめバッテリー容量は、2,000~3,000Whくらいあるものです。

2,000~3,000Whあれば一通りの家電に電力を供給できるため、避難中も電子レンジや冷暖房などを快適に使えます。

しかし、容量が大きいと値段も高くなるため、安く済ませたい場合は「ソーラーパネル付きのポータブル電源」がおすすめです。

太陽光充電で電気代を節約してカバーできますよ。

また、災害下ではいろいろと環境が変わってしまいますが、少しでもいつもの生活に近づけ、落ち着いて冷静に行動することが大切です。

防災の為、ポータブル電源を準備していつ来るか分からない災害に対応できるようにしておくと安心ですよ。

停電で起こること

停電するとできなくなってしまうことを解説します。

できないことを最低限把握しておくとどれだけ容量が必要か分かりますよ。

停電してしまうとできないこと
  1. 携帯電話の充電ができなくなる
  2. テレビやラジオで情報収集ができない
  3. 夜だと真っ暗になるので明かりの確保ができない
  4. エアコンが止まり、暑さ寒さに対応できない
  5. 調理もできなくなり、冷蔵庫の中のものも痛む
  6. お風呂に入ることも洗濯もできない

あらゆる電化製品が使えなくなってしまい、できることが限られてくるのがわかりますね。

私の住んでいる地域も、毎年2~3回くらい台風や雨風の影響による停電があります。

1時間以内に復旧してくれているのですが、短時間でも不安!不便!

あらゆる電化製品がストップしてしまうと精神的にも追い詰められ、不安やパニックに陥ってしまいますよね。

大災害などでは、電気の復旧に時間がかかる為モバイルバッテリーや乾電池などでは、容量が小さく長期間の停電に対応できません。

そんなときポータブル電源があれば停電時の心強いアイテムになりますね。

ポータブル電源は防災に必要か?のまとめ

停電した家
  • ポータブル電源が必要かどうかは、災害時にポータブル電源はあったほうが電力について心配がなくなるので安心
  • ポータブル電源があれば、携帯電話、ラジオの充電、部屋を明るくしたり、空調機器や炊飯器など家電製品も使用できる
  • ポータブル電源が必要か考えたとき災害時に役立つものの高額なうえに、収納する場所もとるので「いらない」という意見もある
  • 電気復旧にかかる時間は、東日本大震災では7日、能登半島地震では2ヶ月近くかかる
  • ポータブル電源のバッテリー容量は、2,000~3,000Whくらいあるものだと一通りの家電に電力を供給できるのでおすすめ
  • 容量が大きいと値段も高くなるため、安く済ませたい場合は「ソーラーパネル付きのポータブル電源」がおすすめ

ポータブル電源は、防災だけではなくアウトドアや日常でも使えることを知って必要かどうか解説してきました。

実はキャンプや車中泊で使えたり、屋外で家電を使いたい時に役立つことがわかりましたね。

防災対策はもちろん、実は日ごろから使えるポータブル電源をぜひ活用してみてくださいね。

Evopowのポータブル電源は、防災以外にもキャンプや車中泊にも役立ちます。

通販ならクーポンやポイント利用で通常よりも安く購入できますよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました